« 今日はイベント・撮影会日和? | トップページ | 明日の関東地方は「曇り時々雨」、北海道は「日中晴れor曇り、夕方から所により雨」… »

2005年10月16日 (日)

ユカいな平田サン その31

今回はいつもの裕香嬢のブログチェックの他に、久々となった北海道ネタを加えます。

◎まずは、久々に北海道ネタから。

◇晩秋へ“衣替え” 石狩で緑肥用ヒマワリのすき込み 【写真】  2005/10/16 08:14(北海道新聞)
 

【石狩】石狩市北生振で専業農家を営む熊倉守さん(52)の畑で、緑肥用ヒマワリのすき込み作業が行われている。
ヒマワリは肥料としての実用性のみならず、美しい景観づくりにも一役買う。熊倉さんは四年前に導入。今年は八月上旬、小麦の収穫を終えた畑四カ所に「りんぞう」という背丈が五十センチほどのヒマワリの種をまいた。
今月開花し、十五ヘクタールに七十五万本程が咲き乱れる。「いい意味で田舎らしいのどかな風景づくりに役立つので、今後も続けます」と熊倉さん。
作業は十六日までの予定。トラクターがのんびり走り黄色いじゅうたんを茶色に変え、辺りを晩秋の景色に染めてゆく。
<写真:一面に広がるヒマワリをかき分けるトラクター=石狩市北生振(玉田順一撮影)>

綺麗なひまわりの花が咲き乱れる景色は「ひまわりの里」北竜町でも見たことがあるが、本当に素晴らしい光景ですよね。
石狩市にあるこのお宅のヒマワリ畑は単に美観作りになるだけでなく肥料にもなるのですか~。一石二鳥ですな☆
ヒマワリが咲き終わり、肥料としてヒマワリ畑のすき込みが終わった後は、これからの季節は厳しくて長い冬へと移り変わるでしょうな。。。

◇月に雁 美唄の宮島沼に秋の使者 【写真】  2005/10/14 09:26(北海道新聞)
 

【美唄】国の天然記念物マガン(雁(かり))の群れが、国内最大で最北の寄留地、宮島沼(美唄市西美唄町)に次々と飛来し、冷え込みの厳しい秋の朝夕、観光客を楽しませている。
ラムサール条約登録湿地の宮島沼には毎秋、シベリアから南下して越冬地の宮城県伊豆沼などへ向かう途中のマガンが立ち寄る。まとまって飛来する春とは違い、秋はさみだれ式にやってくる。
美唄市によると、今秋は九月十九日に初飛来を確認した。ピークは今月五日の三万六千羽だったが、いまもおよそ一万二千羽が羽を休めている。日の出とともに一斉に飛び立つ午前五時ごろと、日の入りに合わせて戻ってくる午後五時ごろが見ごろ。朝焼けと夕焼けに映える姿が美しい。
九月中旬には野鳥観察小屋「わらの家」が沼のほとりに完成し、マガンにストレスを与えずに観察することができる。
<写真:夕闇に浮かんだ月をバックに宮島沼に戻るマガンの群れ=12日午後5時10分ごろ(大城戸剛撮影)>

北海道でも有数のバードウォッチングの名所である美唄市(びばいし)【宮島沼】は、マガン、オオハクチョウ、コハクチョウ、ヒシクイ、ヒドリガモなどの数100種類の野鳥が飛来する。
わが国で越冬したマガンの群れだけでなく、他のアジアの国々で越冬したと思われる渡り鳥(冬鳥)の群れも春の北上の途中に立ち寄る国際基地だとか。

マガンは北海道より遥か北にあるロシア・極東地域からやって来る渡り鳥(冬鳥)。この【宮島沼】は日本最大のマガンの中継地として有名。
春から夏に掛けてはロシア・極東地域で繁殖し、秋から冬に掛けては長旅を経て北海道や東北に渡ってくる。一時この【宮島沼】に立ち寄り留まった後、宮城県伊豆沼など東北各地に向けて更に南下し、その地で越冬するという。そして、再び春になると越冬していた東北・関東方面からマガンがこの【宮島沼】へ戻ってきて一時留まり、初夏になると生まれ故郷の極東地域へと帰っていく。

美唄はマガンなどの餌となる【宮島沼】とその周辺の田んぼの環境保全に積極的に取り組んでいる。
「ごはんも まがんも 田んぼのめぐみ」などの標語を代表とした「農業と自然の共生」をはかる。田んぼは、刈り取った後に残った落ち穂などをマガンなどの野鳥が餌としたり、トンボやカエルなどの生き物が生存するための貴重な環境となる。日本の農業だけでなくマガンなど生き物達にとっても守らなければならない環境ということ。よって、田んぼなどの農村環境を守る事は自然環境を守る事にも繋がる。
だから、国が無責任に減反政策を進めて田んぼをつぶしていくのはちょっと考えものである。もちろんこれらは、地域農業の活性化も含めて今後も考えなければならない問題である。
様々な課題が山積としている現状の農業問題ではあるが、美観と自然の保護を兼ねた農村環境作りをこれからも美唄は積極的に進めて欲しいと思う。

渡り鳥が編隊を組んで羽ばたく姿はとても美しい。その姿を見て人はそれぞれ思いを馳せる。。。機会があったらまた【宮島沼】へ見に行きたいと思う。

◎続いては、“本題”となるブログチェックです。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ぶろぐ)・・・10月15日(土)更新分。

普段の裕香嬢は“メガネっコ”だというのは以前から周知の事実だが、まさか裕香嬢が眼鏡をいつもぞんざいに扱ってしまい、直ぐに壊したり無くしたりするなどとは思いもよらなかったです。
しかも一年持てば良い方って、、、一体どのような眼鏡の扱い方をしているのだろうか…???

う~ん、なしてだろう?…眼鏡を掛けたまま寝てしまい、気付いたら眼鏡を踏んでしまったとか、、眼鏡を置いた場所を忘れて無くしてしまったり、、眼鏡を使った後もメガネケースに入れず、とりあえずそこら辺に置いておくからなのでしょう。。

それで、現在使っている眼鏡は一年以上壊れもせずに何とか無事に使い続けているそうで、それで彼女にとっては快挙なんだそうだ(^_^;)
しかしそれでも「レンズも傷だらけで満身創痍」というオチが付くが(笑)

……まあねぇ~、私も普段から眼鏡を使っているけど、やっぱり裕香嬢と同じで、現在主流となっているプラスチック製レンズだと一年も経てばどうしても多少の傷は付いてしまいますから、それは致し方ないところではあります。
また、私も買ってから3ヶ月ぐらいでフレームからレンズがはずれてしまったりとか、一年経過後のある日眼鏡を掛けたまま寝てしまった時に思わずプラスチック製のフレームを押しつぶして折ってしまったという経験がありますからね。。
しかし、それにしてもビックリしたのは、裕香嬢の眼鏡を買った後に無くしたり壊してしまった最短記録が【3日】とはね…もうちょっと大切に使おうよ(苦笑)
せめて使った後は、直ぐに眼鏡ケースにしまう習慣ぐらいはつけましょう。。。

それからなるべく丈夫なものを選んだ方が良いですね。裕香嬢の場合、普段使うものはフレームのしっかりとしたものを選んだほうが吉ですよ。
確かに、カラフルなプラスチック製のフレームとか、金属製でも細いフレームや、縁なしフレームの眼鏡などはファッショナブルでカッコいいですけど、その反面壊れやすさ度はかなり高い。眼鏡はオシャレなものほど壊れやすいのは否めないですよね(-_-;)

だから、何かと注目される裕香嬢のようなタレントさんだと、眼鏡を2、3つ所有してTPOに応じた色々なデザインの眼鏡を使い分けると一番良いと思いますね。
お仕事に出かける時などは、フレームが細い眼鏡や『縁なし眼鏡』などのオシャレな眼鏡を、プライベートの時とか普段使うメガネはオシャレなものよりしっかりとしたフレームで壊れにくい眼鏡を、それぞれ使い分けるとかね。
それに2、3つの眼鏡を持っていると、たとえ壊れたりなくしたりしても代わりの眼鏡があるから大丈夫ですし…と何だか眼鏡屋の回し者の様な言い回しですけど(笑)

幸い、今回裕香嬢は一年使っていた現在の眼鏡に加えて、更にもう一つ「雰囲気によって使い分けられるよう、現役メガネとはイメージの違ったものをChoice☆」などとTOPに応じた眼鏡を奮発して新調したそうですから、まずは良かったじゃないですか(^ー^)
…ま、問題は、、、今週に出来上がる眼鏡を今後も大事に使い続けられるかどうかですが…【3日】の“記録更新”だけは何とか阻止して下さいな(^-^;)

今後は新調したての眼鏡を直ぐに無くしたり傷が付いたりしないように、使ったら直ぐに眼鏡ケースにしまって分かりやすい所に置きましょう☆★

※いつものようにトラックバックします。今週新調したばかりの眼鏡がその後どうなったのか、日記で報告して欲しいですな☆

|

« 今日はイベント・撮影会日和? | トップページ | 明日の関東地方は「曇り時々雨」、北海道は「日中晴れor曇り、夕方から所により雨」… »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

そうそう、私もメガネを愛用してますよ。(ちなみに、佐藤寛子さんもメガネをかけることがあるそうです。)
でも、流石に3日で壊した経験は無いです。

後、マニキュアなどに含まれる揮発性溶剤に触れた手でメガネは「絶対に」触れないで下さい。フレームが一発でいかれます。

「農業と自然の共生」と言えば、兵庫県豊岡市でもコウノトリのエサの確保(カエルや小動物)の為に農薬を使わないようにしているそうです。
私も昔研究しましたが、経済効率一本やりで外国と対抗しても、「耕地面積の絶対的な不足」と言う宿命を抱える日本ではとても無理です。又、アメリカでは土壌汚染や地下水の枯渇、土壌流失の問題が深刻化しているそうです。
したがって、「経済では換算できない」側面からの農業保護は必要だと思います。現に、国内できちんと自給できるように、政府や財界がきちんと農業を保護し、農家のやる気を起こす為にきちんとした報酬が得られるようにしていなかったおかげで、BSE問題で牛丼がなくなるという失態(半分は「国産牛で作る努力を怠った」吉野家の努力不足でもありますが)がありました。したがって、IT企業のキャピタルゲインへの適切な課税をかけ、その税金を農業再生や赤字ローカル線の活性化資金にまわすことで、自給率を向上させ、農村に人を戻し、赤字ローカル線の廃止阻止効果による地方の活性化、ひいては「国防(戦艦大和やF15、AH-64Dロングボウだって、人間がいなかったら戦えません。)」にも繋がります。
その意味で、倉本聡さんが富良野で行なっている「旧ゴルフ場の自然林化」は、「環境問題」では評価できますが、「ゴルフ場は可能な限り減らして牧場化し、牛肉や羊肉の生産を増やして安くて安心できる牛肉や羊肉を供給する。」私の持論からは少しばかり納得できない面があります。(但し、スキー場の夏場の有効活用策として、「除草剤代わりに」牛肉や羊肉の生産をスキー場で行なうなら、諸手をあげて賛成しますが・・・。又、こういった試みを「コクド」が行う事で、グループ企業の「吉野家」の材料の安定供給にも貢献する筈です。)又、以前書いた「佐藤寛子さんをキャンペーンレディに起用して鉄道を再活性化する」と言うのもこの一環でもあります。(JR北海道版なら平田裕香さんです。)

ちなみにヒマワリですが、欧米では種をガムの代りに食べる習慣があるそうで、日米野球の後のMLB側のベンチでは、試合後に「ヒマワリの種の殻」が大量に捨てられていて、問題になるようです。
MLBの皆さん、殻は袋にきちんと捨てましょう。

今日は少し真面目に書いてしまいました。

投稿: たぬっち | 2005年10月16日 (日) 21時57分

たぬっちさん、ご丁寧なお返事を頂き、どうも有り難う御座います。

特に「農業と自然の共生」に関する事は、私が言いたかった事をより詳しく解説して頂き、感謝の気持ちで一杯です!!!至極同感な記述ばかりでした。

現在の日本は食料自給率が先進国の中で一番低いのです。もし世界的な食糧危機が発生したら、アメリカや中国など世界的な農業国は凶作により食料生産が激減し、自国の民を養うのに手一杯となる。結果、日本に輸出するだけの食料の分は確保できない。そうなると日本は自給自足をせざる負えない。
現状では、日本国内で生産した食料だけでは日本全国全ての人をまかなえるだけの量はありません。絶対的に足りないのです。これも、今まで政府が利益優先で行なってきた減反政策など、食料自給率を高める農業政策を怠ったツケなのです。
今の世界は、地球温暖化による異常気象が各地で見られます。一番打撃を受けるのは天候に左右される農業です。いつでも食糧危機が発生する可能性が高い状況なのです。
人間が生きていくために欠かせない食糧を生産する農業を発展させずに軽んじるのは、結果的に自分の首を自分で締める事になりかねないのです。
だから、日本政府は減反政策という非常に馬鹿げた政策を廃止して、食料自給率を上げる努力に務めて欲しいです。

吉野家の牛肉にしても、今まで吉野家が国内で自家生産(自社専用農場で肉牛を飼育する)をしてこなかったツケです。アメリカ頼りだったので、BSE問題により輸入が禁止になった途端、牛肉の確保が難しくなったのです。日本の畜産農家の保護の観点からでも、吉野家は是非日本国内で牛肉の自社生産に取り組むべきです。

ゴルフ場に関するアイデアは名案だと思います。利用できる土地は是非利用して、国内牛肉や羊肉の生産力UPに務めて欲しいですね。そもそもゴルフ場は多すぎです。バブル経済時に積極的に進められた数々のリゾート開発における負の遺産なのでしょう。いくつかを残して、つぶすべきです。自然環境にもよくありません。

生態系を守る農村環境の保護と食料自給率のUPや、農村へ人を回帰さるような農業活性化は、目下急務です。未来ある日本を考えるために。。。

佐藤寛子ちゃんや平田裕香ちゃんのキャンペーンガール起用は、将来是非実現して欲しいですよね。JR東海のシンデレラエクスプレスや、以前提案なさっていた寝台特急のキャンペーンガールなど、実現すれば色々と夢が広がりますよ。是非彼女達を起用して鉄道活性化に務めて欲しいですよね。


眼鏡はプラスチックとチタンなどの合金フレームが主流ですよね。
マニキュアなどに含まれる揮発性溶剤はこれらのフレームがもろくするのですか…知りませんでした。とても参考になりました。

ヒマワリの種は今や日本のプロ野球選手も試合中に食べるようになりました。特に清原選手など(笑)

大分長くなりましたが、ともあれ今後もどうか宜しくお願いします。

投稿: とうきび | 2005年10月17日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/6424160

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その31:

« 今日はイベント・撮影会日和? | トップページ | 明日の関東地方は「曇り時々雨」、北海道は「日中晴れor曇り、夕方から所により雨」… »