« 今日は一変して朝からぐずついた天気 | トップページ | 天気が変わりやすい「秋の空」 »

2005年9月18日 (日)

ユカいな平田サン その23

今回は久々に北海道ネタと平田裕香嬢のブログチェックの組み合わせ。
それでは、余談を挟まずにササっといきましょう。

◎まず初めは、北海道ネタから。

◇札幌でジンギスカンサミット開幕  2005/09/18 00:13 (北海道新聞)
 

北海道遺産になった食文化の魅力を伝える「ジンギスカンサミット」が十七日、札幌市豊平区の羊ケ丘レストハウスで開幕した。
初日は麻田信二副知事ら五人のパネリストによる「ジンギスカンフォーラム」があり、「羊肉はほとんどが輸入もの。道内で生産すれば、経済振興につながる」などの意見が出た。
来場した観光客の一番の関心は、ジンギスカンそのもの。フォーラムを中座して、ビール漬けや塩味などの食べ比べを楽しむ人が目立った。十九日まで。

北海道を代表する家庭料理「ジンギスカン」は、いまや全国的なブームとなっている。去年から今年に掛けて関東地区にジンギスカン専門店が次々と開店している。
ブームとなった第一の理由としては、ラム(子羊の肉)やマトン(成羊の肉)などの「羊肉」には体脂肪を燃やす「カルニチン」がどの肉よりも多く含まれているので「ダイエット効果」が期待できるという事から、約2年前から各マスコミが取り上げ始めたからだろう。
そして、臭みの少ない海外産の良質な「羊肉」が本州でも手に入るようになったのも原因。海外産の「羊肉」は主にニュージーランド産やオーストラリア産が中心。更には、牛肉のBSE問題もあり、高価な国内産牛肉以外は食べられなくなり、普段食べるのは主に豚肉と鶏肉だけの限られた肉のみとなったのも原因だろう。
タレも野菜や果実を使った甘酸っぱくてフルーティーな独特の味。これら、他には無い特異性も相まって、流行に敏感な新物好きの女性たちにウケたのだろう。
しかし、かつての「モツ鍋ブーム」のように、これが一過性のブームでないことを祈る次第。

確かに現状では、道内産よりも海外から輸入した「羊肉」が数多く市場で出回っているので、明治の開拓時代から羊を養育している一大産地の北海道としては何とかこの状況を打開しなければならない。
やはり食肉用の羊を品種改良すべきだろう。海外産に負けない肉質の向上が急務。後は新しい料理法を開発したり、道内産羊肉の販売ルートを拡大するとか、その他もろもろ課題はあるが、今後は「羊肉」により、北海道における経済振興の可能性が大きく広がっているのは確か。
今後はもっと「ジンギスカン」が一般家庭に普及して欲しいものです。

◎続いては、平田裕香嬢のブログチェックです。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ぶろぐ)・・・9月17日(土曜日)更新分。

裕香嬢は、14日に北海道に帰省してから昨日で4日目(今日で5日目)。

やっぱり、故郷で過ごすと心身共にかなりリラックスするのでしょうね。やはり、日記の最後にも述べられているように、ご家族の方々や気心の知れた大好きなお友達とゆっくりと過ごせると、失いかけていた自分自身を取り戻し、自分らしくいられるからでしょう。
更には、現在北海道でブームとなっている『岩盤浴』の効果も絶大のようだ。そのせいもあって、「顔面の肌」の調子は絶好調のようで、ノーメイクでも大丈夫だそうで。

岩盤浴』とは、別名・ヒーリングサウナとも呼ばれ、秋田県田沢湖町の玉川温泉が発祥。蒸気などで40度くらいに温められた「岩盤(石)」の上に横になると温浴効果』や『遠赤外線効果』などで身体がポカポカになる。バスタオルを敷いた『岩盤』の上に「うつ伏せ(約5分)」になり“入浴”、そして「仰向け(約10分)」になり“入浴”、その後数分更衣室などで休憩。その後また横になり“入浴”…というのを2、3回繰り返す。
岩盤浴』に使用される「岩盤(石)」の種類は、『ブラックシリカ(黒鉛珪石)』を代表として、北海道(道南)にある上ノ国町で産する『カムイシリカ(黒鉛珪石)』、『原陽石(石英片岩)』、『天照石(見立礫岩)』、『神黒石(黒鉛珪石)』、『天寿石』、『千明石』、『天降石』、『ラジウム石』、『麦飯石』、『古代石』などがある。
それらの「岩盤(石)」は種類によって効果に多少違いが出てくるのですが、微量放射線による『ホルミシス効果』、『遠赤外線効果』、『マイナスイオン効果』がある。それらの効果により「血液の浄化」で血行が良くなったり「新陳代謝」が活発になるので、裕香嬢が言うような「美肌効果」が期待でき、その他「体脂肪減少(エステ・ダイエット効果)」、「疲労回復・肩凝りと腰痛の緩和」、「精神安定・安眠作用」、「自律神経調整作用」、「免疫機能の向上」、「老化防止」、「病気治療・疾病防止」などが期待できるそうだ。

2003年北海道の札幌に初の『岩盤浴専門店』がオープンして以来、北海道から火がついた「『岩盤浴』ブーム」は、今では本州各地に飛び火し、関東地区でも『岩盤浴サロン・サウナ』(女性専用など)の店が増えてきた様子。
裕香嬢も美容と健康の為に、東京に帰ったら手軽に『岩盤浴』を楽しめるお店を探すと宜しいと思いますよ。

…とにもかくにも、帰郷してから北海道を十分に満喫しているようで、同じ道産子としては思わず嬉しくなってしまいますね☆

確かに、最近の北海道は東京と比べると肌寒いかもしれませんね。
札幌の気温の変化を見ても、14日17.1℃→15日23.4℃→16日27.0℃→17日21.7℃とここ数日の気温の乱高下が激しいのと、一日の気温差も朝晩では10℃前後と大きいので余計肌寒く感じるのでしょうね。
でも、北海道生まれの北海道育ちの裕香嬢ですから、長年の培った経験により身体が覚えていると思うので、ある程度の寒さはいずれ慣れることでしょう。

せっかく帰郷したので、裕香嬢には今月まで見頃の「富良野~美瑛」間における美しい丘と花畑(ラベンダーなど)を観照して欲しいのですが、どうでしょうか…行く時間があるかな???

おそらく来週か再来週にも帰京するでしょうから、あと残り少ない北海道で過ごす時間を悔いのないように、思い存分楽しんで下さいな☆★

・追記…裕香嬢のグラビア(表紙・巻頭)が掲載されている今週15日発売『週刊ヤングサンデー』は我が北海道では一日遅れの16日金曜日に発売となった。本当なら、9月15日の記念すべき22歳の誕生日に合わせて発売されたのでしょうが、よりによって裕香嬢自身は北海道に帰郷中なので15日の誕生日には『ヤンサン』が手に入らないという意外な結果となった。

その一日遅れの16日に私は『ヤンサン』を手に入れた。6月末にあだち充氏がロケ地の沖縄へ同行した中で、撮影されたものだ。しかし、裕香嬢はそんなことはお構いなしに、グラビアでは実に生き生きとした表情を浮かべている。とてもキュートなスマイルを浮かべたベビーフェイスと、ナイスバディな水着姿に、ご覧になった平田裕香ファンの方々はきっと感嘆の声を上げた事だろう。

ちなみに、あだち氏が『ヤンサンの為に書き下ろした漫画「アイドルA」にも登場した、“桶(盥(たらい))”が見事なまでに写っております。水が入っている大きな“桶(盥)”の中に、裕香嬢が童心に帰ったような表情を浮かべて嬉しそうに浸かっている。

今改めて考えると当時日記で「オバケのイクゾー」を歌っていた裕香嬢のはしゃぐ気持ちが分かったような気がする。大好きな沖縄で撮影が出来て、更に大好きなあだち充氏の漫画に登場するヒロインのモデルになったのだから…。

※今回もトラックバックします。久々に北海道を満喫しているようで本当に良かったです☆

|

« 今日は一変して朝からぐずついた天気 | トップページ | 天気が変わりやすい「秋の空」 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

とうきびさん、こんばんわ。
『岩盤浴』ですか、私が旅した15年前には聞かなかったです。
確かに最近サウナの中にもそう言うのがあるらしいと聞きました。
でも、大阪では「専門店」は聞いた事が無いですね。
私も行ってみたいですね。

「ジンギスカン」は食べた事があります。結構美味しかったです。
羊肉は「脂肪」さえきちんと取っていれば「臭み」は比較的少ないそうです。鯨肉は、食べる前に入念に『筋抜き』をしないと食べれないそうですが、それにある意味似てますね。
またそれ故、必然的に脂肪が少なくなり、カルチニンと相まって「健康ブーム」に乗って「健康食」扱いされていると思います。

ちなみに、関西では「六甲山牧場」で羊が飼育されていて、六甲山でも「ジンギスカン」が食べれます。但し、そこでは世界的に有名な「神戸牛」が使われているケースが殆どですが、今後は「羊肉」を使ったものも増えると思います。

案外、裕香さんなら東京で既に「ジンギスカン料理」をたらふく食べていたりして(相手は佐藤寛子さん?)。

富良野ですか、私はラベンダーの時期に行った事は無いですが、あそこは良い場所だとおもいます。きっと、目ばしの効く達人裕香さんは行っていると思います。ちなみに、ラベンダー以外の富良野名物は赤ワインです。また、ワイン入りチーズも美味しいです。

案外、裕香さんが日記に書く前に佐藤寛子さんが「裕香さんからのお土産です」とか何かでブログに書いているかも知れませんよ。その時は又報告します。


投稿: たぬっち | 2005年9月18日 (日) 21時36分

たぬっちさん、度々ご丁寧なコメントを頂いて、非常に感謝しております。

調べたら、まず大阪市中央区には「どんとこい」という、『岩盤浴』専門店を大阪で初めて開いたお店があるようです。
http://www.e-dragon.jp/pc/index.html

また同じく大阪市中央区には「ストーンスパ(岩盤浴)亜門」というのがあるそうです。
http://www.438m.com/amon/

更に、同じく大阪市中央区にはエステサロンでもある「slim・slim」という店も。
http://www.slim-slim.com/

関西ではほかにも、

兵庫県西宮市に1件
http://www.kumano-no-sato.com/

京都に「夢の癒し」という店が1件
http://www.yumenoiyashi.com/

それから神戸元町にも1件
http://www.masani.co.jp/hodorai.htm

一方、関東では

東京・中野にまず1件
http://www.i-rock.co.jp/_pages/01.TopPage/top_page.htm

東京・六本木に1件
http://www.e-dragon.jp/pc/index.html

東京都武蔵野市に1件
http://www.tennen-yuraku.co.jp/

神奈川県横浜市に2件
http://www.ispot.jp/s/batubatu/
http://youbiyu.com/

神奈川県藤沢市に2件
http://www.divine-cosmos.com/
http://www.spa-karakara.jp/acs.html

神奈川県平塚市や秦野市にもそれぞれ1件
http://www.createls.co.jp/lifetick/program/hiratsuka/ganbanyoku.htm

茨城県に1件
http://www.shishido.co.jp/shizu_hotel/access/index.html

千葉県に1件
http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/sunaburo.html


他にも

名古屋に1件
http://www.yutanpo.info/index.html

福岡に1件
http://www.canhouse.co.jp/

などジャンジャン出てきました。

いまや『岩盤浴』は、「ジンギスカン」や「スープカレー」に次ぐ
北海道名物となりました。

『岩盤浴』でじっくりと体をいたわった後は、「ジンギスカン」や「スープカレー」を食べるという超ヘルシーな観光ツアーを企画するのもいいと思いますよ。
その際には、佐藤寛子ちゃんや平田裕香ちゃんも同行するというのもいいと思いますよ。

長くなったので、この話題の続きは、引き続き次のコメント欄に書きます。

投稿: とうきび | 2005年9月19日 (月) 22時52分

情報有難うございます。
『岩盤浴』でじっくりと体をいたわった後は、「ジンギスカン」や「スープカレー」を食べるという超ヘルシーな観光ツアー、ですか。
まあ、ツアーは企画できますが、ここに佐藤寛子さんや平田裕香さんが来るかどうか?(謎)判りませんなあ。
来て下さったら最高ですけどね。

投稿: たぬっち | 2005年9月20日 (火) 23時08分

たぬっちさん、毎度ご丁寧なコメントを頂き、誠に有り難う御座います。

ツアーで関西に来るとすれば、USJや大阪城や通天閣など大阪の観光名所を回るツアー企画が考えられますね。

しかし、たぬっちさんが仰るように、どんなツアー企画にしろ、事務所側がツアー企画を今後行なう予定があるのか?ということが目下気になるところですよね。
今のところ、そういった話は全く出ていないようですが…。

何はともあれ、今後も宜しくお願いします。

投稿: とうきび | 2005年9月21日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/5993832

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その23:

« 今日は一変して朝からぐずついた天気 | トップページ | 天気が変わりやすい「秋の空」 »