« 昨日は『中秋の名月』だったのか… | トップページ | 紅葉が待ち遠しい、今日この頃。。。 »

2005年9月20日 (火)

ユカいな平田サン その24

今回も、平田裕香嬢と北海道ネタの組み合わせです。では早速行って参りましょう。

◎まずは北海道ネタから。

◇岩盤浴がアツイ 札幌だけで50カ所競争激化 「新たな北海道名物に」 【写真】  2005/09/11 10:40 (北海道新聞)
 

道内で岩盤浴施設が急増している。健康志向の高まりに加え、設備投資や経営コストが安いこともあり、札幌市内だけですでに五十カ所を突破。岩盤の販売元には全国から視察や注文が相次いでいる。関係者は「ジンギスカンやスープカレーに次ぐ、北海道の名物に」と期待を寄せている。
岩盤浴は床下の温水で熱した石の上に、パジャマ姿で横になって汗を流す施設。健康に良いとされる遠赤外線などを発することで知られる桧山管内上ノ国町産のブラックシリカなどの鉱石が使われる。東北などの湯治場が起源だが、道内では伊達市内の施設を皮切りに一挙に普及。女性向けの都市型施設が昨年、相次いでオープンし、人気に火が付いた。
一般のサウナより低温の約四○度の室温に設定しているため、光熱費は安い。また、清掃も簡単で維持費も安い。
昨年三月にオープンし、出店ラッシュのきっかけとなったのが札幌市中央区北一西一○の「さくら」。プール・温浴施設の建設、管理業ニサカ(旭川)が札幌支店の自社ビルに開設した。岡田年城事業部長は「明るい雰囲気で、美容やダイエットを打ち出せば、商売になるとにらんだ」と話す。一回二千円と比較的高額だが、一日約八十人の利用があり、会員一万人を突破した。
昨年七月、JR札幌駅の商業施設パセオにオープンした「さらり」はお好み焼きチェーン風月(札幌)が経営。二神敏郎社長は「お好み焼きの店に併設したところ、好評だったので始めた。最近は過当競争だが、北海道発の文化と認められる日も近い」と意気込む。
札幌駅近くのホテルモントレエーデルホフ札幌は今年八月、都市型ホテルとして初めて岩盤浴施設を導入。二十-三十歳代の女性を集客の目玉とする考えだ。
一方、岩盤を販売する林建設工業(札幌)は売上高が五年で四倍に増えた。これまで百十の施設に岩盤を納めたが、その半数が道外だ。今井政信取締役は「本州でも北海道のようなブームが起きつつある」と話す。
札幌市内で女性専用店「クアラ」などを積極展開する環境マネジメントの大久保浩社長は「首都圏にはノウハウを持った北海道の業者の進出も相次ぎ、新たな健康ブームの火付け役になっている」と話している。
<写真:男性専用の施設も登場するなど人気の岩盤浴施設=マスターズクラブ(札幌市中央区北1西10)>

先日裕香嬢が北海道に帰省後直ぐに母上と一緒に行ったという『岩盤浴』は、昨年北海道でブームの火がついたが、その後全国各地に『岩盤浴』ブームが広がりつつある。
岩盤浴』の詳しい説明は前に書いたので省略しますが、現在北海道では『岩盤浴』の人気が更に拡大している。今や『ジンギスカン』や『スープカレー』に続いて第3の北海道名物になりそうな感じだ。

以下、主な『岩盤浴』の施設(道外のみ)を載せます。

* 秋田県仙北郡田沢湖町玉川 『玉川温泉』…岩盤浴の発祥!

* 東京都中野区中野4-4-11 NKビル3F「岩盤浴サロン『i-Rock

* 東京都港区元麻布3-1-35 C-MA3 8階 「DRAGON SPA 『ドラゴンスパ』 六本木店

* 東京都武蔵野市八幡町1-6-10「武蔵野天然温泉『湯らく

* 神奈川県横浜市港北区箕輪町2-2-2 B1F「岩盤浴『You 美癒(びゆ)』横浜日吉店」 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6-5F「岩盤浴『You 美癒(びゆ)』横浜港みらい店

* 神奈川県横浜市中区南仲通4-55 国際馬車道ビル5F「岩盤浴スパサロン『batu batu (バドゥバドゥ)』」

* 神奈川県藤沢市湘南台1-4-1小田急マルシェ湘南台3F「岩盤浴『SPA KARAKARA(スパ・カラカラ)

* 神奈川県平塚市宝町10-4 スポーツプラザ神奈中4F「フィットネスクラブ『ラフティック』平塚店」 神奈川県秦野市大秦町1-10 神奈中アルファビル4F「フィットネスクラブ『ラフティック』秦野店

* 千葉県木更津市金田海岸 「龍宮城スパ/ホテル 三日月

* 茨城県那珂市静 1678 「HILLS GOLF 『静リゾートホテル

* 愛知県名古屋市昭和区南分町2-14 「ガイアストーン・ラドン『岩盤浴 湯たんぽ

* 大阪府大阪市中央区谷町2丁目3番7号 クローバーハイツ大手町1F受付「岩盤浴『どんとこい

* 大阪府大阪市中央区北浜3-1-13 「『Slim * Slim』淀屋橋店」                         

* 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-28 心斎橋M4F 「AMON~関西、大阪、心斎橋『ストーンスパ亜門(STONE SPA AMON)』」

* 兵庫県西宮市鳴尾浜1-1-3 「『熊の郷』」

* 兵庫県神戸市中央区元町通2-6-5 ほどらひビル3階 「岩盤浴ほどらひ/ストーンスパ

* 京都府京都市中京区錦小路通新町西入ル 西錦小路町249番地 『夢のいやし

* 広島県福山市引野町5-10-25「天照石岩盤浴『ラヴィヴァーレ(Ravvivare)』」

* 福岡県槽屋郡粕屋町大字仲原字口坪2539-4 「岩盤浴『CAN Spa

◎続いては、平田裕香嬢のブログチェックです。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ぶろぐ)・・・昨日(9月19日月曜日)更新分。

今回の帰省は、残念ながら上手に日程を組む事が出来ないそうだが、普段の東京での日常生活から離れているという事により今回の帰省をエンジョイしているそうだ。

しかし、エンジョイしているはずなのに、何故だか常に眠くて、つい睡魔に負けて眠ってしまうそうな……それは、リラックスしすぎてつい気が抜けてしまっている証拠ですね(笑)
でも、それだけご実家がとても快適なのでしょう。とても良い事じゃないですか。
無理して出かけて“行楽疲れ”になるよりよほど良いと思いますよ。裕香嬢にとって一番必要なのは「心の休養」なのですから。それが出来ているだけでも、今回の帰省は有意義だったと思います。
それでも、滅多に北海道へ帰れないので、今回帰省している間の貴重な時間を無駄にしたくない!もったいないっ!という強い気持ちはとてもよく分かります。
それなら、今後ある程度、睡魔から解放されるようになったら、少し近場を散歩するだけでも良いと思いますよ。それに、じっとしているより体を動かす方が睡魔がだいぶ収まると思いますし。
更に、今度はちょっとだけ足を伸ばしてみるとか、違った道を歩いてみるとか、近場を散歩するにも色々と工夫すればそれなりに楽しめると思います。
また、ちょっと遠い場所へ行くにしても、前回使ったのとは違う乗り物で行ってみるというのも手ですね。そうすれば窓から見る景色が変わるでしょうし。要は、ちょっとしたことで色々な変化を楽しむという事です。
あと残された滞在時間が少ないということなので、あまり遠くへ行けない(北海道はとても広いので何処へ行くにも時間が掛かる)でしょうから、それらの方法を実践してみては…?
それから、北海道の美味しいものを既に食べたのでしょうか? 北海道の店でしか食べられない食べ物って結構あると思います。きっと近場でも見つかると思うので、是非探してみては如何でしょうか…?

しかし、今回の帰省では、裕香嬢が常にエンジョイできる事が何よりも重要なので、現在十分にリラックスし、エンジョイできているなら、これらはあまり無理強いは出来ませんね。それに睡魔から解放される事が目下急務なので、外出どころではないでしょうし。。。
だから、もし機会があればご参考までに、、、という程度に留めて置きます。

とにかく、今回あと残り少ない北海道での滞在期間は、裕香嬢にとって今後芸能活動を続ける上でのリフレッシュ期間として捉えて欲しいと思います☆★

※今回もトラックバックします。どうか宜しく。

|

« 昨日は『中秋の名月』だったのか… | トップページ | 紅葉が待ち遠しい、今日この頃。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/6029431

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その24:

« 昨日は『中秋の名月』だったのか… | トップページ | 紅葉が待ち遠しい、今日この頃。。。 »