« 今日は一変して秋の気配... | トップページ | 再び日本列島に台風が接近中。。。 »

2005年9月 4日 (日)

ユカいな平田サン その19

気付いたら、“分離独立後”今回で19回目目を数えるのですね。早いものですな。しかし、相も変わらず、今回も北海道ネタと裕香嬢のブログチェックをして参りたい!と思います。

◎まずは北海道ネタから。

◇どっと1万2000人、新そば味わい満足 【写真】  2005/09/04 07:09 (北海道新聞)
 

【幌加内】ソバの作付面積日本一を誇る空知管内幌加内町の「第十二回幌加内町新そば祭り」(実行委主催)が三日、町役場前の特設会場で始まり、全国から集まった約一万二千人が打ちたての味と香りを堪能した。
同町は昨秋、台風18号の暴風で実の八割が脱粒する被害に見舞われたが、今年のソバは作柄、品質ともまずまずの出来という。
「全国そば食べ歩き広場」には、道外の有名店や地元のそば打ち愛好者グループなど十五団体が出店。二軒、三軒と食べ歩き、食感や香りの違いなどを楽しむ人が列をなしていた。四十分間でそば一キロを打つ技量を競う「北海道素人名人戦」には素人そば打ち二段以上の取得者二十三人が出場。同町の井上正恵さん(40)が名人位を獲得した。
祭りは四日も午前九時から開かれる。
<写真:好みの味を探して、「全国そば食べ歩き広場」で行列をつくる来場者たち>

日本一のそばの産地・幌加内町。かつて『-41.2℃』を記録した極寒の地でも知られる。私の父の故郷でもあるので、とても思い入れが深い町でもあります。
真夏に見られる、あたり一面の真っ白な花が咲く『そば畑』はとても印象深い。しかし、去年は台風18号により『そば』が根こそぎなぎ倒されて、町内にある『そば畑』の8割がダメになってしまった。父の幼なじみで、日本一の作付け面積の『そば畑』を所有するKさんも例外ではなかった。かなりの損害が生じたそうで、後に父がKさんと同窓会で再会した際には、思わず頭を抱えていたという。
…それだけに、今年はまずまずの作柄らしくて本当に良かったと思います。惜しくも、今年大盛況だったという「幌加内新そば祭り」は今日で終わってしまったけど、今後市場に出回る今年の美味しい『幌加内そば』を思いっきり堪能するゾ!と。

◇フードランドがきょう開幕 道産食材の即売や創作料理 札幌・大通公園など  2005/09/03 08:55 (北海道新聞)
 

道産食材の魅力をPRする「フードランド北海道2005」が三日から、札幌市中央区の大通公園を主会場に始まる。道や札幌市、札幌商工会議所、北海道新聞社などでつくる実行委員会の主催。十月十日まで、道産の新鮮な農水産物やホテルのシェフの創作料理などを集めた「食」の催しを繰り広げる。
九月三-十一日は大通公園西二丁目に「リンケージ&フードランド広場」を開設。道産の農産物や魚介類を即売する。三、四の両日は五-八丁目で、道内八十九市町村が特産品を販売する「大通ふるさと市場」を開く。
五-九日の正午からは、二丁目で、道民から募集した「愛食弁当」コンクールの一次審査を通過した弁当十種類(各七百五十円)を毎日各二十食販売。七-十一日は五-八丁目で「フードランド北海道フェア in SAPPORO」と題し、ホテルのシェフが道産食材を使った創作料理を提供する。
このほか、期間中、道内のホテルやスーパーで道産食材や弁当などの提供、販売が行われる。問い合わせは実行委事務局(電)011・231・1374へ

この催し物はとても良いと思いますね。観光客が一番集まる大通り公園で北海道の「食」の名産を販売すれば、大いにPR活動にもなるし、北海道内各地の産業振興にもつながる。一般の道民や一流シェフが考えたアイデア料理を販売する事で、新たな北海道名物を生み出すチャンスも生まれる。
10月10日まで行なわれるこの催しが是非とも成功して欲しいと願うばかりです。

◎続いては、メインとなる裕香嬢のブログチェックです。今回も“のほほん”“マッタリ”といた雰囲気が漂っています。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ぶろぐ)・・・昨日(9月3日土曜日)更新分。

現在、裕香嬢が使っている携帯は1分足らずしか通話できないそうだ……ええっ!?それじゃあ、重要な連絡が入ったら一体どうするのだろうか???
案の定、マネージャー氏と業務連絡の電話がかかって来た時に、裕香嬢は電話に出たものの、用件が聞けぬうちに電話が直ぐに切れてしまったそうで…しまいには、マネージャー氏が「お友達と話す時どうしているの?」との疑問に対し、裕香嬢は「(たいして電話が)かかってきませんから。」などと開き直りともとれる発言を...
しかし、これが開き直りでもなんでもなく事実なんだとさ...携帯のメモリダイヤルがもっと増えるよう、頑張って下さいな(^^;
元々裕香嬢はこの電話の件に関して何とも思っていないらしい。現に「メールという手段がある」、「大人になったから」、「長話は公園でお話しする」という釈明をしている。
…あの~、、あくまで重要な案件を話すのに、公園でのんびりとブランコでもこぎながらお話をしている場合ではないと思うよ(苦笑) 
確かに、「メールという手段」は正確に内容を把握できるので全くその通りなのですが、しかし「大人になったから」という理由は、、、何とも言い様がありません。。。ノーコメント(苦笑)

何かと不便なこの携帯は、もうすぐ使い始めて3年目に突入するらしいですが、裕香嬢にとってはとても愛着がある携帯だそうだ。
だから、多少不都合が生じても、機種変とかせずに所有し続けるのでしょうな。「ぼろぼろですがまだまだ元気です(g ̄^ ̄)g"☆」という言葉がそれを物語っています☆

この、裕香嬢のモノを出来るだけ長く大事に使おうとする精神は立派。ただ、流石にもうそろそろ取り替えたほうがいいのでは…?

…ちなみに、現在私の携帯も買い換えてからちょうど2年半(同じ3年目)使用しています。バッテリーが切れやすいのが難点ですが、「まだまだ元気です」よ(笑)

※今回も懲りずにトラックバックします。どうか宜しくです。

|

« 今日は一変して秋の気配... | トップページ | 再び日本列島に台風が接近中。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

文章の内容と全く関係のないコメントです。

もう一つ(もしかしたら、それ以上)ブログを立ち上げていたのですね。あちらの内容を見ると、『ト○ック○ックオー○イ』用のものですか?

何にせよ、私のブログの所為では無さそうで、ホッとしています。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2005年9月 4日 (日) 23時09分

Yellow Magic Carnivalさん、いつもコメント有り難う御座います。

はい、仰るとおりです。あちら用に別にブログを立ち上げたのです。だから、現在はこことあちらと2つのブログを管理しております。

Yellow Magic Carnivalさんもちょうど同じブログを使っているので好都合ですネ!

今後も宜しくお願いします。

投稿: とうきび | 2005年9月 5日 (月) 04時36分

ささやかな(?)希望ですが、その大通り公園のイベントで裕香さんと佐藤寛子さんが共演すると良いですね。実際、寛子さんも北海道に凄く行きたいと昨日のイベントで語ってましたからね。

ちなみに、スペインでは「トゥルティーヤ」と言うジャガイモを使った料理があり、これも寛子さんのレパートリーに加わったようです。寛子さんが作って裕香さんが食べる、良いですね(^_^)v

投稿: たぬっち | 2005年9月 5日 (月) 22時50分

たぬっちさん、いつもコメント有り難う御座います。

もし佐藤寛子ちゃんと平田裕香ちゃんが大通公園のイベントに出演したら、そりゃ見に行きますよ。札幌でアイドルのイベントが行なわれる事は滅多にありませんからね。

その話は私も知ってます。
『sabra』のインタビュでも、今度長い休みを取ったら北海道へ行きたいと寛子ちゃんが申しておりました。
一道民としては、そのように仰ってくれて、とても光栄と存じます。
おそらく、北海道出身の裕香ちゃんの影響も多々あるかと思いますね。裕香ちゃんの北海道トークに刺激されたのかもしれません。
もしくは、彼女が敬愛して止まない高倉健さんの主演映画のロケ地が、網走刑務所→「網走番外地」、夕張→「幸せの黄色いハンカチ」、南富良野・幾寅駅→「鉄道員(ぽっぽや)」、とありますからね。それに、寛子ちゃんは「幸せの黄色いハンカチ」が大好きだと過去に仰っていましたからね。多分、この理由だとは思いますが、果たしてどうでしょう?

寛子ちゃんの手料理は確かに美味しそうですよね。洋食系はなんでも得意そうですね。
でも裕香嬢も料理が結構得意なんですよ。確か、「ヒラタレシピ」なるものを過去に出した事があるとかないとか。。特に、彼女の「ざんぎ(鳥のから揚げ)」は絶品だとか…一度食べてみたいものですネ。

ともあれ、、今後も宜しくお願いします

投稿: とうきび | 2005年9月 6日 (火) 20時17分

平田さんの部屋には住宅用の電話がないということがハッキリしましたね(笑)。

ヒラタレシピ、なかなか良い内容でした。それまでの事務所制作CD-Rは、浅草だったり横浜だったりを散策するのがメインだったんですが、ヒラタレシピはほぼ全編部屋の中で、ひたすら料理を作って完成したら平田さんが1人で食べます(笑)。
以前は頻繁にCD-Rが制作されていた(年に4回くらい)んですが、最近出ませんね…。

投稿: 通りすがり | 2005年9月 6日 (火) 21時02分

通りすがりさん、コメントどうも有り難う御座います。

ああ、CD-Rのでしたか。ヒラタレシピは。そういえば、以前何度か製作していましたよね。裕香ちゃんの知られざる姿を拝見できるのでファンの方々にとても好評だったとか…再びCD-Rを製作して欲しいものですネ。
裕香嬢の手料理を実際に食べる機会をファンの方々は望んでいると思うので、是非そのような機会を作って欲しいと思いますね。でも、やっぱり難しいのかなぁ…せめて、イベントなどで手料理を持参して欲しいものですけど…。

ともあれ、今後とも宜しくお願いします。

投稿: とうきび | 2005年9月 7日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/5783930

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その19:

« 今日は一変して秋の気配... | トップページ | 再び日本列島に台風が接近中。。。 »