« いよいよこの後は決勝戦! | トップページ | 只今大急ぎで記事作成中… »

2005年8月21日 (日)

祝!夏の甲子園“連覇”☆駒大苫小牧☆

昨日行なわれた夏の甲子園(第全国高等学校選手権大会)の決勝戦は、去年に引き続き優勝(全国制覇)を狙う駒大苫小牧(南北海道代表)が京都外大西(京都府代表)を5-3で下し、見事に“連覇”を達成しました。
同じチーム(高校)が夏の甲子園を2年続けて優勝するのは実に57年ぶりとか。かつて圧倒的な強さを誇った池田高校(徳島県)やPL学園(大阪府)や横浜高校(神奈川県)などの強豪チームでも成し得なかった快挙です。それに何と言っても、約半年あまりグランドが使えない雪国のハンディーキャップがある北海道のチームが2年続けて甲子園で優勝(全国制覇=日本一)するなど以前には全く考えられなかった訳ですから。昔は甲子園で連戦連敗を続けていたのを考えると、今でも全く信じられません。これは奇跡です(笑)
とにかく、一道民としては非常に嬉しい限り。何よりも、これまでの駒大苫小牧の試合内容は緊迫した場面が多く、まさに「手に汗握る」展開ばかりでしたから、それだけに昨日優勝した瞬間の喜びは如何とも表現しがたいほど嬉しいものでした。
昨日、今日と、北海道ではこの話題で持ちきりです。今朝からスポーツ新聞に限らず一般紙に至るまで、コンビニなどでは新聞がバカ売れ状態。昨日は、道内各地で配布された「『駒苫 夏の甲子園連覇』の号外」は瞬く間になくなりました。
去年に引き続き、北海道ではしばらく“駒苫フィーバー”が続きそうです。

◎まずは芸能ネタ。ちなみに、昨日駒大苫小牧が全国制覇した話題に関し、ちゃっかりスポーツ紙などに“便乗”するタレントがやっぱり出てきた。地元・北海道出身タレントなのはわかるが、何故、安倍麻美(室蘭市出身、元・モー娘。の安倍なつみの妹)、矢部美穂(恵庭市出身)、石黒彩(札幌市出身、元・モー娘。)、藤崎奈々子(札幌市出身)などが祝福のコメントとして登場(掲載)するのかよく分かりません(笑)

◇佐津川愛美 感激バースデー(スポニチ)  

女優の佐津川愛美が20日、出演中のフジテレビ系ドラマ「がんばっていきまっしょい」(火曜後10・00)のロケ先で17歳の誕生日を迎えた。松山にある高校の女子ボート部員役。大阪に修学旅行でやってきた場面の収録となり、出演シーンが終わったところで突然、バースデーケーキが運び込まれた。「(撮影現場で)お祝いをしてもらったことがなかったので、今までで一番うれしい」と大感激。号泣してしまい、鈴木杏(18)ら共演者に「頑張れ」と励まされながら、ようやく、ろうそくの火を吹き消した。
[スポニチ:2005/08/21 06:24] 

ここ最近は、昨日一昨日とフジテレビ系でスペシャル番組が放送されたドラマ『ウォーターボーイズ』や、昨年大ヒットした映画『スゥイングガールズ』など“部活系”のドラマや映画が多いですよね。
このがんばっていきまっしょい』も以前に何度か映画化された物語です。現在フジテレビ系で放送されているこの『がんばっていきまっしょい』もなかなか面白い。目標(夢)のために仲間全員で力を合わせて頑張ろうとするストーリーは、かつての“スポ魂”ドラマと同じく極めて明快な青春群像で、見ている側としてもすんなり受け入れやすい。

大体の“部活系”ドラマや映画のパターンとは…最初は部活のメンバーが集まらない、集まったとしてもメンバー同士の意思統一が出来ず仲間割れしそうになったり退部者が出そうになるが、のちに仲間の大切さや一緒になって目標(夢)に向かって何かを成し遂げる事の重要性に気付き、皆で力を合わせて猛練習して最大の目標である大会に臨んだ結果、見事に優勝して仲間同士で喜びを分かち合い、感動のフィナーレを迎える…といったもの。
もちろん、青春ドラマで欠かせない「恋愛」もストーリーの間に絡める事を忘れない。部活のメンバー同士で恋愛問題が生じる展開も全体的なストーリーに幅が出来る。

この『がんばっていきまっしょい』もこの典型的なパターンで、この手のドラマが好きな私は毎週このドラマをとても楽しみにしております。
佐津川愛美ちゃんはこの『がんばっていきまっしょい』では“ヒメ”と呼ばれ、乙女チックで人一倍思いやりがある役。女子ボート部の主将である主人公役の“悦ネェ”こと鈴木杏ちゃんをしっかりサポートする役回り。実際に撮影現場でも女子ボート部メンバー役の彼女達は皆、仲が良いようで非常に微笑ましいですな☆
前回放送分(第7回目)では、、、女子ボート部では大事な対抗戦が迫っているのに、突然、相武紗季ちゃん演じる“リー”が退部の意思を表したことから色々と問題が生じてくるが、対抗戦当日になってその“リー”が果たして戻ってくるかどうか?という見せ場の途中で終わる。
…ともあれ、8月23日の次回放送(第8回目)も楽しみ!

佐津川愛美 公式ブログ→『佐津川愛美の私とT time

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(8月20日土曜日)、今日(21日)2回更新分。

・昨日更新分記事……おやおや、画像では久しぶりに宮前るいちゃんとまゆまゆさんとの美女2ショットですね~☆
昨日久々に仲良く一緒に遊んだそうな。パンドレッタ時代からの仲のようです。
2人とも現役アイドルだけあって、写真写りがとても良くて可愛すぎです!!!
写真に写るコツを知っていますな。実物はもっと良いのでしょうが…何と、るいちゃんにダイエット話があるって!?
まゆまゆさんも言っていますが、明らかに痩せているのにそれ以上痩せたらどうなるのだろう…骨がスカスカになって骨粗しょう症になるよ!

まゆまゆさんは現在のままでも十分に魅力的ですよ! それに、時々ジムとかに行っているんだから全く問題無しですよ!!

…ともかく、昨日は久々にるいちゃんと遊んでとても楽しかったようで、本当に良かったですね★☆

・今日2回更新分記事……今日は毎年恒例の「女子バス・バーベキュー」らしい。毎年、高校時代の女子バスケット部だったメンバー達が集まって、賑々しくバーベキューを皆で楽しむ催しなのでしょう。
2枚の画像とも、まゆまゆさんが川原(キャンプ場)でバーベキューや川遊びを楽しんでいる様子が写っております。この時ばかりは、とても思い出深い昔の女子バス時代に戻れるので、まゆまゆさんもとても嬉しそう。。
それにしても、、、他のメンバーと共に、まゆまゆさんは結構大胆なポーズをしております。もう、多少上着がはだけて水着が見えても全然お構いなしといった感じで(苦笑)…体育会系特有のノリの良さが画像でも顕著になっていますが、、それにしても、みんな大胆な方々が多いのですね…(苦笑)
…まぁね、とても楽しそうでいいじゃないの。お陰で、まゆまゆさんのとってもキュートでセクシーな姿も拝見できたし(笑)
年齢は全く関係ないよ。部活の同窓会はいつの時代も昔に戻った気分で盛り上がるものだから。。。

今日は出来る限りこの楽しいひと時を十分に堪能して下さいな☆

★サントス・アンナ『Santos Annaの Anna Blog・・・一昨日(19日)更新分。

一昨日は「麻布十番」のお祭り『第40回麻布十番納涼祭』に行ってきたそうな。このお祭りは今年は8月19日(金)、20日(土)、21日(日)の3日間行なわれ、今年で第40回目を数える。
しかしアンナちゃんはどういう訳か、ただ1時間歩いただけで、特に何も買ったり遊んだりせずに直ぐ帰ったそうな…そりゃ確かにつまらないって(笑)
何故、売店で色々とモノを買って食べたり遊んだりしたいのにも関わらず何もせずに帰ってきたり、浴衣を着たいのに我慢したりしたのだろうか…?
おそらく何か高いものを買うために節約でもしているのだろうか??
とにかく、、、色々と大変でしょうが頑張って下さいな(笑)

それから、昨日は『TUBE』のライブへ行ったそうですね。
後にそのご報告などをとても楽しみにしております。

ちなみに…『TUBE』の好きな曲といえば、、、比較的前の曲だけどきっとどこかで』かな☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(20日)更新分。

洗濯機に備え付けの洗濯ネットに大きめの虫が入り込んだらしい。ほほぉ~、洗濯ネットで虫取りをしたのですか…って、えっ?!そうじゃないって?!

この備え付けネットにどうやって虫が入ったのか??とアヤにャンさんも色々と考察しておりますが、見つけた瞬間は何が何だか分からず「思考停止状態」だとか(笑)
しまいには『そこに君が入る隙間はあるのか~!!!!!!!』などと「心の叫び」にさいなまれている模様、、、あぁ…だいぶやられちゃってますね(笑)

…おそらく、その虫が部屋の中に入ってきて、そのまま洗濯機の中に入り込んだのをアヤにャンさんは全く気付かなかったまま、洗濯機をまわしてしまったと言う感じなのでしょう。
では何故、小さめの口の洗濯ネットに入ったかという理由は…少なくとも、洗濯機の強い水流に虫が飲み込まれ、勢い余ってネットのわずかな隙間にねじ込まれたのは確かですね。但し、確率的にはとても低いとは思いますが…まぁ、ナイスキャッチというところじゃないですか(爆)
これ以上の原因解明は、、現場のアヤにャンさんが分からないのだから、私に分かるはずがない(笑)

それにしても、アヤにャンさんは「野生児」だったのですね…道理で、ナマコをつかんで投げ飛ばすわけだ(笑)
しかしね、少なくとも「もやしっ子」よりはとても健康的で素晴らしいじゃあ~りませんか☆★

画像は、里帰り中に(実家で)撮った時のアヤにャンさん。いつ見ても“アヤにャンスマイル”はとても可愛いですねぇ~~!!!
この自然な雰囲気の笑顔が「萌え~!!」ってな感じで、いわば“萌え系スマイル”ですな★☆ 
この無意味な(爆)ピースサインもイイ感じ~~♪♪

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・一昨日(19日)、昨日(20日)付け記事(今日更新分)

・一昨日付け記事更新分……一昨日はあっちんさんのパパさんがお誕生日だったそうな。それはそれはご家族とって非常にめでたい一日だった事でしょうね☆
あっちんさんはパパっ子なので、大好きなパパさんの誕生日には盛大に祝って差し上げたのでしょうね。父親思いの優しい子ですねぇ~♪♪♪
とても微笑ましい親子関係ですね。ホント、幸せを絵に描いたようなご家族です☆★

吉川家では、家庭崩壊の危機が叫ばれる現代社会の縮図とは無縁のようです。。。

・昨日付け記事更新分……画像ではみずみずしいトマトが写っている。あっちんさんの大好物で、最近は特にトマトばかり食べているのだそう。
トマトの赤い色素は「リコピン」と言って、抗酸化作用があるので生活習慣病の予防になる。とても身体に良い野菜です。よく「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるぐらいですからね☆
これからも健康維持のためにじゃんじゃんトマトを食べましょう! 

“健康マニア”のあっちんさんならではのエピソードでした。。。

|

« いよいよこの後は決勝戦! | トップページ | 只今大急ぎで記事作成中… »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが、改めて、駒沢大付属苫小牧高校の『夏』連覇、おめでとうございます。私も6回からテレビで観戦していました。試合を見ていて色々と言いたい事はあるのですが、まあ、祝勝ムードに水を差すだけなので止めておきましょう(苦笑)ただ、一言。てっきり、決勝戦は中2日くらいで行なうものだと思っていました。高校サッカーも決勝戦は中5日だったし、高校野球の準々決勝が中1日の上、2日に分けての開催だったので…。

『麻布十番納涼祭』は有名の様ですね。J-WAVEの日曜午後のプログラム、「TOKIO HOT 100」のナビゲーター、クリス・ペプラーさんもこの話をしていた様だし…。今は六本木ヒルズに本社を構えていますが、元々は麻布に会社があったから、そこのナビゲーターが「麻布」の話をするのは、何一つ、おかしい事ではないのですけど。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2005年8月21日 (日) 22時46分

Yellow Magic Carnivalさん、いつもコメント有り難う御座います。

誠に残念な事に、「祝勝ムードに水を差す」不祥事が現実のものとなりました。まだ詳しい事は分からないので、これ以上の事はコメントを差し控えたいとは思いますが、それにしても後味が悪いです。。。

投稿: とうきび | 2005年8月23日 (火) 01時33分

まあ、色々と思うところはありますが、どうなんでしょうね。まっ、高野連の調査と裁定をまってから、ですね。

巨大化してしまった事もその一つの原因であるような…。例えば、サッカーの様にプロ野球球団がキチンとした下部組織(ジュニア、ジュニアユース、ユース等)を持つ事もまた必要かと…。

日本プロ野球機構を頂点にピラミッド型で野球界の発展を推進していく事もまた一考の余地アリ、と言う感じですかね。大学でも似たような事件が起きているし…。「プロ野球」だけが野球選手の道ではありませんが、70年の歴史を持っている厳然たるものである事は事実だから、昔のしがらみを清算して一歩前に進む事が必要ですね。

全体のマスが増えれば個人の利益も増えるのに…。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2005年8月23日 (火) 18時24分

Yellow Magic Carnivalさん、いつもコメント有り難う御座います。

駒大苫小牧の不祥事に関するニュースはより一層と世間で騒がしくなってしまいました。しまいには小泉首相までコメントする始末で、どんな結果に落ち着くにせよ、すんなり納得出来るような結論には至らないと思います。
考えてみれば、高野連という“天皇”のようなトップの組織に全国の高校が事あるごとにお伺いを立てるようなシステムは、他のスポーツにはない独特のものがあります。これは不健全なシステムだと思います。やはり、Yellow Magic Carnivalさんのように高校野球の大会が巨大化してしまったのが一因なのでしょうね。しかし、甲子園大会(全国高校野球選手権大会)のような全国で争う「都道府県対抗戦」というのは、どうしても地元の代表として大きく取り上げてしまいがちなのですよ。甲子園大会に限らず、暮れに行なわれる全国高校サッカー選手権しかり、春の高校バレー選手権大会しかり、各地域の代表はそれこそ郷土(地元)の代表もしくは英雄として地元メディアで大きく取り上げられて全国大会での活躍を期待されるのです。特に、今年の夏の甲子園で旋風を巻き起こした長崎の清峰高校のように、小さな町にある高校のチームが地区大会を勝ち抜いて全国大会に出場した場合には、それこそ町ぐるみで大応援団を結成して応援するわけです。
“おらがマチのチーム”としてその高校出身以外の人も地元のチームに熱い声援を送るのです。
これは、全国都道府県代表で争う大会の宿命なのですよ。私を含め、地元代表チームについ肩入れ(贔屓)をして応援をしてしまうのが常なんです。
今回の不祥事はこれらと意味する事と違いますが、夏の甲子園大会が各方面で影響力を及ぼすという事が改めて証明されましたね。地元代表チームというのは何をするにせよ注目されてしまう。特に駒大苫小牧のように優勝したチームの場合は尚更です。
この問題は、もうちょっと様子を見てから改めてコメントしたいと思います。が、あえて言うなら、選手には何の罪はありません。駒苫の選手達は今回の大会で連覇(大会史上57年ぶりの2年連続同一チーム全国制覇)の偉業を達成した事を誇りに思って欲しいと思います。悪いのは周りの大人達ですから。。。

それから、、野球全体のシステムもプロ野球も含め変えて行く事は、Yellow Magic Carnivalさんの仰るとおり必要かもしれませんね。特に某プロ野球チームのように発言権がとても強くて、他のチームが何でもその某チームに従ってしまう状態は極めて不健全です。結果的に某チームの思い通りになるシステムになってしまう…これはプロ野球の発展、いや野球界全体の発展を妨げているとしか思えません。

某チーム中心のプロ野球のシステムや高野連中心の高校野球のシステムに対しての是非を含め、改めて野球界全体のシステムを考え直す時期に来ていると思います。

・・・何はともあれ、今後とも宜しくお願いします。

投稿: とうきび | 2005年8月24日 (水) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/5570064

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!夏の甲子園“連覇”☆駒大苫小牧☆:

« いよいよこの後は決勝戦! | トップページ | 只今大急ぎで記事作成中… »