« 台風が去って一安心 | トップページ | ユカいな平田サン その16 »

2005年8月27日 (土)

ユカいな平田サン その15

第15回目の今回も、いつものように北海道ネタと平田裕香嬢のブログチェックとの“会わせ技”です。

◎まず最初に…ここ数日の北海道内のトップニュースは「駒大苫小牧高校の暴力問題」が中心です。二年連続で夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)を全国制覇(日本一)した快挙の直後だっただけに、この事件が発覚した時は誠に残念な結果となりました。全国ニュースだけでなく、各ワイドショーでも取り上げられる始末。
しかし、昨日ようやく被害者側と学校側との和解が成立し、この問題の一連の調査結果をまとめた報告書を今日直々に篠原校長と香田誉士史監督が日本高野連に提出。あとは、今夜開かれる日本高野連(大阪)の臨時審議委員会で駒大苫小牧の処分案を決定するのみとなりました
とにかく、どんな処分を下されるにしろ、今回の件については選手達には何の非もないので、胸を張って前向きに今後の事を考えて欲しいと思います。2年連続全国制覇した事実には何ら変わりは無いのだから。。。

…さて、その他の北海道ネタを2つ。美味しい食べ物ネタです。

◇巨大丼の壁画見に来て あさひかわラーメン村 【写真】  2005/08/26 08:13 (北海道新聞)
 

【旭川】人気ラーメン店が軒を並べる「あさひかわラーメン村」(旭川市永山一一)のオープン十年を記念し、道東海大旭川校の学生たちが、壁画づくりに励んでいる。今月中にも完成予定で、新たな観光スポットになりそうだ。
五月に、ラーメン村から「施設のコンクリート壁を活用した記念撮影場所をつくりたい」と依頼を受けた芸術工学部の学生ら十四人が、デザインを考案。今月中旬から作業に着手し、薄い色は重ね塗りで丁寧に仕上げている。
壁画は縦三メートル、横十六メートルの緩やかなアーチ形。壁面のラーメン丼の模様を生かし、ラーメンを食べる旭山動物園の動物たちのほのぼのとした姿をメーンに、大雪山系の山などをあしらった。
ラーメン村は一九九六年八月に開設、地元の人気店八店が営業し、年間五十万人以上が訪れる。
<写真:完成近いあさひかわラーメン村の壁画。新たな観光スポットの期待も(栗本充則撮影)>

今や、観光名所の一つとなったあさひかわラーメン村ですが、早くも10年も経ちましたか…何故か私は一度も行ったことがない。行く機会が中々ないのと、いつでも行けるという気持ちが何処かにあるからだろう。

これは、地元の学生達が、同施設に隣接しているラーメン丼の形をした壁に、地元旭川周辺の名所を表現した絵画を描いたんだそうな。これは一度行って見てみないといけませんね。。。まぁ、ラーメン好きでもありますしね(笑) ジュルリ。

◇東京のプリン博覧会に出品 江別の4店の力作好評 【写真】  2005/08/27 12:25 (北海道新聞)
 

【江別】全国百十一店のプリン二百種を一堂に集めて、東京・池袋で開催中の「プリン博覧会」(ナムコ主催、六月四日-九月四日)に、江別市内の菓子店など四店の力作が参加して好評を博している。道内からは十七店が参加しているが、江別の四店は札幌と並ぶ最多。江別の洋菓子づくりのレベルの高さを裏付けた格好だ。
プリン博覧会は、ナムコが全国の洋菓子店などを調査し、審査を通った店が出品している。参加している各店は期間中、毎日プリンを送り込み、会場で販売されている。
「アルル」(上江別)は、エッグプリン(二百五十二円)を出品。表面に焼き色を付け、上は香ばしく中はとろっとした仕上がりだ。同社の御厩(みまや)隆社長は「リピーターも増えている」と手応えを感じている。
「ちとせや」(あさひが丘)は、卵らんプリン(二百八十円)など三品を出品。濃縮乳を使い、なめらかで濃厚な味わいが特徴だ。従業員の本間美奈子さんは「コクがあるが、くどくないのがうり」と話す。
フランス料理店「シェ・キノ」(見晴台)は、北海道EBETUダイニングプリン(三百円)を出品。生クリームなど江別産の乳製品を使用した。オーナーシェフの木下淳さんは「インターネットでの評価もあり、反響が大きい」と期待する。
「サンタクリーム」(文京台東町)はごちそうプリン(三百十五円)を出品。固まるか固まらないかのとろけるような食感が印象的。「男性にも味わってもらえるよう、カラメルは苦めにした」(青山春美社長)という。
各店の問い合わせは、アルル2(電)382・8853、ちとせや(電)381・5222、シェ・キノ(電)381・3589、サンタクリーム(電)386・8778へ。(桜井則彦)
<写真:アルルのエッグプリンと焼きプリン>

意外かもしれないが、実は北海道の洋菓子屋(ケーキ屋)は名店が多い。ナムコナンジャタウンで9月2日まで開催中の『プリン博覧会』にも、北海道の洋菓子屋が17店も出店しているが、これは全国でも突出した数である。その中で、札幌の隣マチ、江別市にある洋菓子屋は特に選りすぐりの店が多いのだそう。地元に住んでて私も今まで知らなかった。
今度江別方面に行ったら、上記にあげた店を巡ってみようと思う。インチキグルメ人間としては黙って見過ごす事が出来ません(笑) それにしても、どれもこれも美味しそうだなぁ。。。ジュルリ。

お菓子好きの関東在住の方は、9月4日(日)まで開催されているので、是非『プリン博覧会に行ってみては如何?

◎続いては、平田裕香嬢のブログチェックです。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・今日(8月27日)更新分。

今回の裕香嬢は一段と猫に対する思いが強くなっております。

「猫が触りたい。猫を抱っこしたい。猫とお昼寝したい。猫じゃらしで戦いたい。猫に読んでる本の上に乗っかられたりして意地悪されたい。猫とたーわーむーれーた~いo(>_<)o」という、裕香嬢の頭の中は猫、猫、猫という言葉が一杯で溢れかえっている模様(笑)
『猫じゃらし』は私も好きですね。相手の猫がそれこそ必死になって、ミッキーロークばりの猫パンチで『猫じゃらし』に向かって応酬してくる姿はとても楽しいですよね(笑)
ただ、「猫に意地悪されたい」という願望は...裕香嬢がMの気質が少なからずあるという事でしょうか??…裕香嬢の意外な一面を垣間見る事が出来ました。 

以前から裕香嬢は大の猫好きだというのは周知の事実ですが、今回激しく猫を飼いたいという願望が湧いてきたのは一体何故なんでしょうか?
愛猫家のお友達(佐藤寛子?)のお宅にお邪魔し、そこの飼い猫を裕香嬢が面倒を見て可愛がっていたら、いつの間にか無性に猫が飼いたくなってしまったのでしょうか?…これは私も何度か経験があるので気持ちは良く分かります。つい欲しくなっちゃうんですよね。
ただ、現在の状況ではどうする事も出来ず、結局はあきらめる他は無い...このような事が今まで何度も繰り返してきました。

それとも、一人暮らしが急に寂しくなったとか?…でも、これは無さそうですな。毎日裕香嬢は楽しそうに暮らしているようだし、、、一番可能性があるとすれば、猫の話題を取り上げたテレビや本などを見て(読んで)、本来裕香嬢に宿っていた猫好きの“血が騒ぎ出した”という事なんでしょうかねぇ…。

ま、ともかく、将来は是非、大好きな猫を飼って下さいな☆★
但し、ペットに夢中になり過ぎると、恋人に出会えない(恋愛できない)というジンクスがあるので程々に。。。

◇8月9日(火)発売の「『BOMB 9月号』(学研・690円)」に裕香嬢のインタビューページ(2P)が掲載。かつて卵アレルギーだったのに大の卵好き、間違い電話のお相手を携帯のメモリダイヤルに登録する、など。

◇8月11日(木)発売のsabra別冊『シュープリーム・ガールズ1』(小学館・980円)」に裕香嬢のグラビアが4P掲載。『sabra』未掲載のグラビアで、裕香嬢のナイスバディとキュートな“裕香スマイル”、何処となく切ない表情などが掲載されている。

◇9月1日(木)~9月14日(水)まで、グラビアサイト『sabra net strictly』にて公開される、sabraバラエティーシアター「お買い物プレゼントin グアム」に裕香嬢が登場予定。ユカいな姿を拝見できるか?

◇9月15日(木)発売の「『週刊ヤングサンデー』(小学館)」に裕香嬢の表紙・巻頭グラビアが掲載予定。以前、6月下旬に漫画家のあだち充氏が同行取材を受けたことでも以前日記で話題となった沖縄での撮影。

※今回も厚かましくトラックバックします。早く、猫が飼えると良いですね。 ニャーー! ポーツマス、ポーツマス!(by 猫ひろし

|

« 台風が去って一安心 | トップページ | ユカいな平田サン その16 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

うーむ、きっと「猫を飼いたい」と言う思いは、生来の猫好きの血が我等の佐藤寛子さんからの影響で開花したものだと思います。
だとすると、ロシアンブルーの「ピアス2(?)」が裕香さんのペットになるのでしょうか?

裕香さんの家で飼われる(であろう)猫は、裕香さんの愛情+佐藤寛子さんの経験で、佐藤寛子さんの「ピアス」は寛子さんの愛情と裕香さんの友情で、ともに良い飼い主に恵まれているといわれる存在になりますね(=^・^=)

まあ、友人の影響を受けて変わっていくのは良くある事でして、裕香さんも良い友人に恵まれて幸福だと思います。又、佐藤寛子さんも裕香さんのような友人に恵まれて充実した日々を送ってると思います。

お2人の友情に乾杯です\(^o^)/

投稿: たぬっち | 2005年9月 1日 (木) 23時14分

たぬっちさん、いつもコメント有り難う御座います。

あ~やっぱり、佐藤寛子嬢の影響がかなり強いのですね。

寛子嬢の愛猫はロシアンブルーなんですか。初耳です。「ピアス」という名は知っていたのですけどね。
貴重な情報どうも有り難う御座います!!
近い将来、「ピアス2世」を飼う日が来ると良いですね☆

確かに、お互い猫好き同士というのもあるし、他の人にはない相通じる所があるだろうし、これからの芸能活動において、必ずやお2人の友情がプラスになるよう私も願っておりますよ。
更に、たぬっちさんのような素晴らしいファンの方々の下支え(応援)も、寛子嬢にとってはとても重要だと思います。

これからも、たぬっちさんの応援活動に期待しております☆

投稿: とうきび | 2005年9月 2日 (金) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/5660838

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その15:

« 台風が去って一安心 | トップページ | ユカいな平田サン その16 »