« 喉が少し痛い… | トップページ | 今日は一転して蒸し暑いなぁ。。。 »

2005年7月30日 (土)

眞鍋を学べ 12

更新されてからコメントを書くのが少し遅れてしまいました。今回で12回目。タイトルの「ひとりウルルン滞在記(殆どパクリ)」の通り、見返りを求めない人達の優しさにジーンとくる話デス。
それにしても…トラックバックの数の多さに思わず仰天(驚)

★眞鍋かをり『眞鍋かをりのここだけの話・・・7月25日(月)更新分。

7月24日(日)に仕事で奄美大島(鹿児島県)に行ったそうだ。
今回の記事は翌日帰京する最中に車内で書かれたものだとか、、、本当にご苦労様です☆

それで、現在の奄美大島はとても暑いらしい。まぁ、奄美大島は沖縄の隣だし、亜熱帯気候(南国)だから、今の真夏の時期は一年中で特に暑いのでしょうな。
だが、南国特有の海の青さや澄みきった空、そして緑の美しさ、心地良いそよ風、地元の人々の優しさに、眞鍋嬢はとても感動したようだ。
そして、大都会の人とは時間の感覚が違うのに驚いた模様。

「急ぐ理由がない」などと法廷速度を下回って車が走っている風景って、最近見ていないなぁ…。
爽やかな風が吹く美しい南の島の景色と、ゆっくりとした時間の流れに一度身をゆだねてみたいものですな☆

さてさて…眞鍋嬢は、仕事(TVの撮影?)が終わり、ホテルを出るまで2時間ぐらいの間、一人ブラブラと周囲を散策。
そろそろお腹が空いたなぁなどと思いつつ、夕暮れ時の街を歩いていると、地元の人達が集う居酒屋を発見。でもそこは、眞鍋嬢もれっきとした“うら若き乙女”。女性一人では居酒屋へぶらっと立ち寄る事は中々出来ない。
かなり年季が入った店なのか?窓ガラスが曇っていて店の中がよく見えない。
しかし、度胸は人一倍ある眞鍋嬢、勇気を出して店のドアを開けて店内に入ってみた…しかし、中が結構狭いのと満席で周りの人の熱気に押されたのか、彼女は入り口付近でドギマギしていると、それを見かねたのか?キップの良いその店の“大将”が、空いているカウンターの隅っこに案内してくれたとか。
そして、“大将の”言われるがまま、、新鮮な魚の『刺し身』や、『へちまの炒め物』に、『魚のあら汁』、奄美名物鶏飯(ケイハン)』、『焼酎』…などを次々とご馳走になったようだ。
世話好きで人懐っこい人達ばかりで、さぞや眞鍋嬢も嬉しかった事でしょう。ただ出てくる料理の量の多さに、ちょっと食べるのが大変だったようですが、その強引さもイイ味となっている。奄美の人の優しさが十分に伝わってきますな。
もし人間不信になってしまったなら、そのような環境に身を置いてみるのも良いでしょうね。“命の洗濯”が出来そうではあります。

やはり眞鍋嬢も有名人。眞鍋かをり本人と気付くのに時間が掛からなかったようで、その店のお客さんの一人が眞鍋嬢本人と気付き、それからは輪の中心となってサインをねだられたり記念撮影をしたりと、和気あいあいとした楽しい時間があっという間に過ぎて…ラストは“タダ食い”というオマケつき。しかもドカ食い(笑)

心もお腹も一杯となった眞鍋嬢、この日は生涯忘れられない一日となった事でしょうし、そして、もう一度奄美大島に行きたくなった事でしょうな。私も行きたくなりましたよ。とっても良い所なんですネ♪

奄美の人達との楽しい思い出・出会いが出来て、本当に良かったですな☆
それは、眞鍋嬢の「奄美のみなさん、ありがとう」という率直な感謝の意を示す言葉により、心の底から伝わってきます。嘘偽りの無い、真実の言葉。その思いは奄美の人たちにもきっと伝わった事でしょう☆★

ちなみに、前述の『へちま』は欧米では『ピクルス』にして食べますよね。見た目や味は“キュウリのデカイヤツ”といった感じだろうか?
究極のスローフードである奄美名物『鶏飯』の存在は、今回初めて知りました。美味そうですねぇ~!! ジュルリ。

ちなみに、眞鍋嬢は先週土曜日の地震にはちょうど奄美大島に向けて東京を発った後らしくて遭遇しなかったそうで、むしろ地震の直撃を受けた自宅の様子が気になっていたそうだ。
がしかし、自宅に帰って見ると、幸い、特にいつもと変わった様子が無かったようで「地震の爪あとゼロ」だったそうだ…奄美でのとても楽しい思い出といい、地震の被害を殆ど受けなかった事といい、とてもラッキーな数日間だったようですな★

ただね、とても残念なのは、眞鍋嬢のブログ本の発売が延期になってしまった事。
私のような初心者ブロガーにとって、眞鍋嬢は「先輩ブロガー」なので、全て本人がプロデュースした「ブログ本(ブログ指南書)」はとても楽しみにしていたのですよ。
まぁ、8月末の発売まで気長に待つことと致しましょう。

……振り返ってみると、今回はツッコむべき箇所が殆ど見当たらなかったですね。本来なら私の性格からすると一つツッコミを入れたくなる性質なのですが、書かれた内容が心温まるとても良い話だったので汚してはいけない気がして、むしろそのまま感想を書いた方が文の流れとしては良かったもので…。

次回更新は、ツッコミを入れる場面があるかな?…ま、本人にとっては余計なお世話に過ぎないのでしょうが(笑)

あっ!そういえば、こないだ「サルヂエに眞鍋嬢が出ていましたよね。やはりというべきか、誰よりも頭の回転の良さを披露しておりました。流石ですな。
それから…眞鍋嬢の母校「愛媛県立西条高校」、本当に惜しかったですよね。春夏連続で甲子園出場に向けてあと一歩のところで…勝負事には付き物ですからしょうがないといえばしょうがないのでしょうが…来年また春の甲子園を目指して頑張ってもらいましょう。。

現在放送中のフジ系ドラマ「がんばっていきまっしょい」に、何故眞鍋かをり嬢を出さないのか甚だ疑問。何てったって地元・愛媛県出身ですからね。愛媛弁オンリーのドラマには一番適役でしょ。ボート部の鬼コーチ役だとか、主人公の姉役などで眞鍋嬢が出演して欲しかったと思いますが…まぁ、こんな事を言っても何にもならないのですが(苦笑)

何はともあれ、、、眞鍋かをり嬢も!西条高校野球部の皆も!・・・・これからも、がんばっていきまっしょい!!

※久々にトラックバックしますよ。そこんとこ宜しくです。

|

« 喉が少し痛い… | トップページ | 今日は一転して蒸し暑いなぁ。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/5228601

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋を学べ 12:

« 喉が少し痛い… | トップページ | 今日は一転して蒸し暑いなぁ。。。 »