« 期待の新人ダルビッシュ、プロ初登板初勝利!! | トップページ | 今日は割りと早めに更新。 »

2005年6月17日 (金)

今日はブログチェックとおまけ画像が2つ。

◎時間の都合で、今回はいつものようにブログチェックと、おまけ画像が中心。どうかご了承願いたい。

佐藤寛子『佐藤寛子のひとりゴト』・・・昨日(6月16日木曜日)更新分。

今回更新分も、情緒的な詩文で始まる“佐藤寛子ワールド”を展開。今回のタイトルは『無心。無心?』で、その初めの叙情詩が元となっている。

画像は物思いにふける?知的美人の彼女の様子。

――「梅雨入り」すると、大抵の人は鬱陶しい季節がやって来たと感じるようになるが、彼女にとっては“しとしと”と降る雨の風情と、湿気によりお肌が“しっとり”する感じが好きなので、『梅雨』はベストな季節らしい。いかにも特異なタイプの彼女らしい感覚だ。
更には、傘を最も必要とする季節から「相合傘」を連想。彼女は昔から「相合傘」に恋焦がれていたらしく、いかにもロマンチストな寛子嬢らしい。特に、小学校時代の甘く切ない初恋にこの「相合傘」が深く関わってる。それは本物の「相合傘」ではなく、好きな男の子と寛子嬢の連名を記した「相合傘」のマークを学校の図書館の本棚に彫ると思いが叶う(両思いになる)という“おまじない(ジンクス)”のようなもの。
彼女は一途なまでにその“おまじない”を実行し、根気良く一週間を掛けてシャープーペンシルで見事に「相合傘」を彫り上げた。だがしかし、その願いは惜しくも叶わなかった…そんな切なくて甘酸っぱい初恋(失恋)の過去が現在の「相合傘」に対する強い思い入れに繋がるのであろう。彼女の真っ直ぐな性格を如実に表したエピソード。

彼女はお若いのに、昔の恋愛映画、もしくは韓流ドラマに描かれる「一途な純愛物語」や「すれ違いの恋愛物語」などに代表される世界がお好きなようだ。素朴でピュアな持ち主だからなのだろう。ダイレクトで開放的な現代の恋愛には否定的のご様子。明治・大正時代の慎み深いヤマトナデシコな女性を地で行くタイプ。
だから、現代のささくれ立った人間関係の中で、彼女のような古き良き時代の女性像を継承している純朴のタイプは逆にクローズアップされて、貴重価値が一層と高まるのだろう。
彼女には周りの人を優しく包み込むような人間的に大きな器を感じる。今後はどのような芸能活動を展開するのだろうか。とても楽しみである。

ラストの叙情詩も「相合傘」をテーマとした純愛が内容となっている。
もうここまで来たら、作家デビューするしかないだろう・・・

※今回もトラックバックします。どうか宜しくです。

長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(17日)更新分。

昨晩、まゆまゆさんは熟睡できたそうだが、それでもはっきりと覚えている夢を見たんだそうだ。

それは、「キリンに似ている『子犬』」と一緒に寝ている夢。自分の寝ている夢を見るというのは滅多に無い事だが、それよりもその『子犬』を抱きしめる事により心が癒されて、安心して気持ち良く寝ていたらしい。
そして、その後『子犬』がいつの間にか巨大化して彼女を押しつぶして急に目が覚めて現実に戻り、「妹」さんと一緒に寝ていた事に気付いたらしい。

まず、押しつぶして痛さを感じたというのは、横に寝ていた「妹」さんが寝返りを打ってまゆまゆさんに覆いかぶさってきたのでしょう。
それから夢の中で抱きしめて寝ていた『子犬』というのはやはり大好きな「妹」さんを指しているのでしょうが、それと同時に理想の『男性像』を指しているともいえるでしょうね。夢というのは自分の理想・願望というのが反映されやすいですから。
そしてその『子犬』とは、まゆまゆさんの理想や願望が具現化されたものだと言えるでしょう。

まゆまゆさんは人に対する依存度が高いようなので、いつも相手にしてくれて甘えさせてくれる「マメで包容力があり、決断力のあるタイプの男性」が好みなのですね。但し、『子犬』というぐらいですから、「おおらかで優しい心の持ち主」でないといけませんね。間違っても、短気で喧嘩っ早い人だとダメなんでしょうな(笑)
将来は是非そのような男性を見つけましょう。きっと見つかるはずです。世の中には色々なタイプの男性がいますから。えっ!?なかなかそんなの人はいないって?!…いや、いると信じ続けてこそ、最終的に見つける事が出来るわけですよ。粘り強くいきましょう。
「妹」さんについては、まゆまゆさんは『シスコン』と自分で公言するほど、とても気が合うのでいつも一緒にいたいのでしょうね。
前も言ったけど、別に『シスコン』でも良いんじゃないかと。アイドルでは『磯山さやか』ちゃんのように、(彼女の)お兄ちゃんが大好きで『ブラコン』と公言している例もあるわけだし。歳をとっても仲の良い『姉妹』というのは美しいものですゾ。
それから、まゆまゆさんは何かを抱きしめると精神的に落ち着いて熟睡できるようですから、イルカの形をしたものなど長い『抱き枕』などをいつも抱いて眠ると熟睡できるでしょう。

幸い、まゆまゆさんは周りに色々と気を使ってくれる人たちが沢山いらっしゃるので、今の状態が続いたとしてもしばらくは幸せな日々が続く事でしょう。今夜はどんな夢を見るのでしょうか。再び変わった夢を見たら、『まゆまゆ☆ブログ』に報告してくださいな。

◆◇今日のおまけ画像 その1◇◆

まゆまゆさんの大好物でもある『カステラ』です。それも本場・長崎のカステラの老舗「『福砂屋』のカステラ」。今日ウチの姉の友人Sさん(長崎県佐世保市在住)から頂いたものです。毎度毎度ながら感謝感激であります。
いゃあ~~、食べてみて相変らず美味しい~!!!! やっぱり、「『福砂屋』のカステラが一番であります。

05-06-17_17-17 05-06-17_17-20

05-06-17_17-22 05-06-17_17-34

一番左から「『福砂屋』の紙袋」とその「『カステラ』の箱」、中左は「『カステラ』の箱」の側面、中右はその「紙袋」の側面、一番右は「『カステラ』の中身(手前)」とその「箱(背後)」。

金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(16日)更新分。

彼女は「新・どっちの料理ショー」をご覧になったそう。私は裏番組の「みなさんのおかげでした」を見ていたのでその詳細は分からないのですが、上質の「天然うなぎ」を使って「名古屋名物『ひつまぶし』」を作ったらしい。
ひつまぶし』というのはお茶碗に「うなぎ」が入った「おひつ」からお茶碗によせて食べるもの。三杯目にお茶漬けで食べるのがまた美味しそうですな。ちなみに、一杯目がそのまま「おひつ」に入ったものを茶碗に寄せて食べ、二杯目は茶碗に寄せたうなぎ御飯の上に薬味を載せて食べるらしい。一度に三種類の味が楽しめる名古屋名物であります。
私も『ひつまぶし』を食べた事がないのでいつか食べてみたいものですよ。

で、その「どっちの料理ショー」では以前にも『ひつまぶし』が登場したそうな。

私は約2ヶ月に一度「うなぎの蒲焼」を食べます…といっても、スーパーで1パック500円前後する格安のもの(中国産)を買ってきて、家族で何等分かに分けて御飯が入ったどんぶりに載せ(途中電子レンジで温めて)、タレや山椒をかけて食べます。いわば「うな丼」です。
うなぎ」というと贅沢な感じがするかと思いますが、500円前後の食材で家族全員の食事がまかなえるのを考えると案外安くつくのですよ。
今日もスーパーに行って安売りしていた「うなぎの蒲焼」の品定めをしてきましたが、今日のところは敬遠しました。売っていた「うなぎの蒲焼」がちょっと小さかったので…残念。
それから、彼女が言っている「うなぎ屋さんの『うな重』」なるものは10年以上も食べておりません。だから、『うな重』なんて、記憶が薄れてしまったぐらい過去の事になってしまいましたよ(苦笑)第一、『うな重』食べる予算なんて今のところないし…。
私は今年の『土用の丑の日』である「7月28日」もまた、スーパーで売っている安売りの「うなぎの蒲焼」で我慢であります(笑)
でもね、スーパーの「うなぎの蒲焼」もそれなりに美味しいんだよ!!…まぁ天然モノのうなぎとは違うんだろうけどさぁ…。

添付されている画像は、またもや登場!アヤにャンさんのご実家のめんこい愛猫(黒ぶち猫)。『カマキリ』と格闘中の様子。これは世にも珍しい「異種格闘技戦」であります。この愛猫の仕草がまためんこい。
矢印の『カマキリ』の凶器(鎌?)を使った反則技の威嚇に対し、米映画俳優「ミッキー・ローク」も真っ青?!な“猫パンチ”で応酬。で、勝負の結果はどうなったの…?!

さて、私が見た「みなさんのおかげ」の名物コーナー「新・食わず嫌い王決定戦」に、何と二週続けて『ジンギスカン』が登場しました。ゲストの釈由美子ちゃんが好きなものとして『ジンギスカン』を挙げ、美味しそうに食べていましたが、彼女曰く「前に放送していた『発掘あるある大辞典』でジンギスカンを紹介していて、羊肉に『カルニチン』が多く含まれているので“体脂肪が燃やせる”から」などと言っていました。
しまいには横にいた「とんねるず」の貴さんまでが「こないだ番組で紹介したら(北海道滝川市が本店の)『松尾ジンギスカン(同社秘伝のタレを使った「味付けの羊肉」)』が事務所?に送られてきた」とおっしゃっていて、改めてマスコミの影響力の高さがうかがえます。
道産子としては北海道名物の『ジンギスカン』がブームになる事は嬉しいのですが、これがかつての「『モツ鍋』ブーム」のように一過性のものだとしたら逆に心配です。一過性のブームではなく、何としても『ジンギスカン』が北海道以外でも定番料理になって欲しいものです。

吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日(16日)更新分。

画像はあっちんさんがデパート?の「浴衣コーナー」の前で撮ったショット。美しい黒髪をした可愛い彼女が写っています。彼女は何かしらポーズをとっていますが、白バケしているのでハッキリと確認できず。

もう、浴衣の季節になったんですね。そういえば今週初めに北海道神宮の周辺で「北海道神宮例大祭(札幌祭り)」が行なわれたし、すっかりと『縁日(お祭り)』の季節となりました。『浴衣』はその『縁日』に着て行くのにピッタリですな。
あっちんさんはどんな『浴衣』でも似合うのでしょうな。2年前の3rdDVD発売イベントにも赤い『浴衣姿』を披露していたし、ヤマトナデシコの彼女は『浴衣』が大好きなのでしょう。彼女曰く「かわゆい『浴衣』を着て涼しげにぽっくりぽっくり歩きたいなぁ」のだとか。
きっと、7月30日に行なわれる隅田川花火大会において彼女は『浴衣姿』で観賞するのでしょうね。ファンの方々はあっちんさんと一緒に花火大会へ是非行きたいとの願望がきっとおありでしょう。
あっちんさんと一緒に『浴衣姿』で花火大会へ参加するイベントの企画も面白いですネ☆

梅雨明け」した後は、あっちんさんの季節が到来かな…?

◆◇おまけ画像 その2◇◆

昨日姉がSさんを小樽観光の案内をするついでに買ってきた、小樽駅周辺および小樽運河周辺の観光スポットにあり、「小樽オルゴール堂」の向かいにある洋菓子店『ルタオ(LeTAO)』の『パイシュー』です。パイ生地の皮の中にバニラクリームがふんだんに入っている「シュークリーム」です。
甘さは控えめも、パイ生地のサクサク感と、バニラの香りと生クリームカスタードの風味が絶妙で非常に美味しい。ペロッと頂きました。ご馳走様でした。
左・「ルタオ(LeTAO)」の紙箱、中・『パイシュー』、右・その『パイシュー』を割った時の状態(クリームがあふれてきました)

05-06-17_17-06 05-06-17_17-02 05-06-17_17-11

|

« 期待の新人ダルビッシュ、プロ初登板初勝利!! | トップページ | 今日は割りと早めに更新。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/4595128

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はブログチェックとおまけ画像が2つ。:

« 期待の新人ダルビッシュ、プロ初登板初勝利!! | トップページ | 今日は割りと早めに更新。 »