« 2大“黄金世代”(後日若干修正版) | トップページ | 今日は朝一で更新です・・・(帰宅後訂正版) »

2005年5月12日 (木)

気になる「アイドル情報」

☆今日の札幌は、昨日とは打って変わって朝から好天に恵まれ、日中の最高気温が15.3℃(最低気温4.6℃)とポカポカ陽気でようやく春らしさが戻ってきた。
更に、お隣の梅も昨日開花した。非常にイイ気分。時々頬をつたう春風はとても心地よい一日だった。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆いきなりですが、今日から始まった“新コーナー”・・・アイドル最新ニュースです!! 
…去年後半から今年にかけて各雑誌のグラビア(表紙も)やグラビアサイトに出ずっぱりの大活躍中で書店やコンビニで彼女(の表紙)を見ない日はないという、目下NO.1グラビアクイーンの“道産子”アイドル、“ゆっきー”こと川村ゆきえちゃんが、今年の春に所属事務所を移籍していた事が最近明らかとなった。
現在所属事務所の「テンポイント(10-POINT)」HP上で、本人直々に「ビデオレター」にて報告。
彼女は1986年1月23日、北海道生まれ。2003年グラビアデビュー。
週刊ヤングジャンプ2003年制服コレクション準グランプリ、第一回g-girlグランプリなどを受賞。
これまで、写真集3冊、DVD6枚をリリース。今後は各メディアでより一層の活躍ぶりに期待。同じ道産子としても注目しております。
ちなみに彼女は、人気グラビアアイドルの“いそっち”こと磯山さやかちゃんと外見がとてもよく似ていて、まるで「姉妹」のよう。
去年暮れに「sabra」誌上で、磯山さやかちゃんと“夢の共演”を果たした。最近も度々共演している。多分、読者からの強いリクエストがあったからだろう。
こういう取り組みもまた面白い。
磯山さやかちゃんは、最近はCSフジテレビ739ch.でプロ野球・ヤクルトスワローズ戦中継の『番組女子マネージャ』を務めている。いまや、アイドルファンだけでなく、ヤクルトファンからも垂涎の的である。
同HP上で「磯山さやかの女子マネ日誌♪」を連載中。高校時代は野球部のマネージャーを務め、スコアブックを付けるのが得意だから同番組の「マスコットガール」に採用されたのだろう。
CSフジテレビHP

・・・今日はアイドル最新ニュースはこれだけ。今後も分かり次第、お伝えします。

◎さてお次は、いつもの「私が気になるアイドルのブログ」をチェックしましょう。

金井アヤアヤにャンの日記』・・・昨日(11日)更新分。「さな~」は多分、出身地の仙台弁(宮城弁)だろう。
北海道弁の「…さ~」や沖縄弁の「…さぁ~」などと同じく、言葉の語尾に使う「…(だ)よ」という意味だろう。
それより、パソコンは大丈夫? もし故障していたなら、早めに修理したほうが良いと思う。
私の場合、以前使っていたパソコンで、調子が悪くても無理をして使い続けたため、ある日突然「ボンっ!」と画面が突然消えてそのパソコンは結局“お陀仏”になった過去がある。
幸い、ハードディスク内のデータを事前にCD-Rなどにバックアップしていたため、最悪の状態は逃れたが…泣く泣く、現在使用している新しいパソコンに買え替えたというわけ。
お陰で貯金はすっからかんのパーになった。。。。

ちなみに…仙台弁は東北弁の中ではもっとも標準語に近い。更に、同じ宮城県内でも、仙台市内とそれ以外の地域では東北弁の度合いが違う。
それは同じ北海道でも、札幌市内とそれ以外の地域では、北海道弁の度合いが違う(札幌市内で使われる言葉の方がより標準語に近い)。
宮城弁(仙台弁)と北海道弁で共通している方言の言葉は・・・「『いずい』…微妙な感じの時や違和感を感じる時に使う。北海道では特に痛がゆい時に使う。例・目にゴミが入って“いずい”、など」、「『めっこ飯』…半煮えのシンのある御飯」「『おだつ』…はしゃぐ、という意味」、「『けっぱれ』…仙台弁というより東北弁全体を通しても使われる。頑張れ~!という意味」、「『かっちゃく』…引っかく、という意味」、「『とうきび』…私のHNの語源。とうもろこし、の意味」、「『めんこい』…かわいい、という意味。東北弁共通」、「『うるかす』…水にひたす、つけておく、という意味」、「『なげる(棄げる)』…(ゴミなどを)捨てる、という意味」、「『ちょす』…いじる、という意味」など。
あと、双方の方言で似た言葉は、「仙台弁『ちょぺっと』・北海道弁『ちょびっと』…わずか少し、ごくわずか、という意味」、「仙台弁『おばんでがす』・北海道弁『おばんでした』…今晩は!、という意味」
・・・このように、宮城弁(仙台弁)と北海道弁で共通する方言の言葉が多し。それは、主に明治時代に宮城県に限らず東北各県から北海道へ開拓(入植)にやってきた人が多かったから。
更に、私の住んでいる「北海道札幌市白石区(明治時代は当時「白石村」)」は、その名の通り、現在の「宮城県白石市」からやってきた開拓民(仙台藩白石城主の片倉氏の家老・佐藤孝郷ら)が中心となって造った(切り開いた)マチである。
私が小さい時から大好きな和菓子の「白松がモナカ本舗」は、本店宮城県仙台市青葉区に、支店が我が札幌市白石区にある…特に胡麻あんのモナカは最高!
仙台名物はやっぱり「萩の月」と「ずんだ餅」「笹かまぼこ」でしょ!…それぞれ一度ずつ、以前に父が買ってきた仙台土産で食べた事があるが、あれは美味いです。また食べたいな。牛タンもイイねぇ~!

でも、仙台弁(宮城弁)といったらなんといっても「~だっちゃ(~ですよ、という意味)」でしょ。アニメ「うる星やつら」のラムちゃんの口癖で有名。しかし、あれは、作者の高橋留美子氏いわく「創作(仙台弁ではない)」だとか…なんか残念。

長尾麻由まゆまゆ☆ブログ』・・・今日(12日)更新分。
今日、彼女はびっくりするぐらい大きな胸をもつ女性に遭遇したが、よく見るとその女性は胸に風船を入れていたという、何かのテレビ番組のドッキリ企画のような状況だったとか。
まるで、古典的なコントのようだね。男性コメディアンが女性を演じる時によく胸に詰め物を入れるパターンに酷似(笑)
この話を聞いて直ぐ思い出したのが、フジテレビ系列毎週水曜午後10時から放送のバラエティー番組「ワンナイR&Rに登場するキャラクターで、お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリ(照屋年之クン)が演じる「ゴリエ」だったよ。あの、胸にわざとらしい詰め物を入れている感じが(笑)

吉川綾乃あっちんの日記だよ』・・・昨日(11日)更新分。
友達から借りた映画のDVD「ヴァンヘルシング」を部屋を真っ暗にして見たら怖かった、
更に、横で一緒に見ていたお姉ちゃん(吉川春菜ちゃん)が実況をしていたんだそう。これはアクション・ホラー映画だとか。
何でも、綾乃ちゃんはホラー映画が大の苦手なんだそうで、多分この映画も悲鳴を上げながら見ていたんだろう。
この手の映画が割と平気なお姉ちゃんは、顔を伏せて怖がっている綾乃ちゃんの姿を見て笑いながら「いたずら心」でわざと具体的に説明をしていたのだろう。
彼女には悪いが、何かほのぼのとした光景が想像できてとても微笑ましかった。仲の良い姉妹や友人関係というのは外から見てて素晴らしく思う。
少なくとも、昔はケンカばかりして仲がとても悪かったウチの姉との「姉弟関係」よりはよほどマシです。嫌な思い出ばかりでしたから。
これからも、変わらず仲良くねっ!

確かに、DVDの映画でも暗い部屋で見たら映画館に居るかのように臨場感を味わえるのでしょうな。
やっぱ、そういう時は自宅に「ホームシアター」を設置して名画を是非一度見てみたいものだね。でも、お金がないので当分無理。
何故なら前述の通り、以前新しいパソコン買って今でも貯金がすっからかんだから・・・(爆)

・・・今日のところは時間がないのでこれでおしまい。関川理沙ちゃんら他のブログ(日記)の昨日今日更新分は後日改めて。

いつの間にかこのブログは「芸能・アイドル専門」になってしまったけど、好評みたいなので当分この状態を続けますよ。ではでは。

|

« 2大“黄金世代”(後日若干修正版) | トップページ | 今日は朝一で更新です・・・(帰宅後訂正版) »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/4099922

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる「アイドル情報」:

» 【過去画像】磯山さやかのプリティ高校時代♪ [芸能裏モノNEWS]
【18禁】驚愕の出会い!直メールコミュニティサイト♪ 【音楽情報】人気楽曲24時間リアルタイム配信中♪ 16歳の磯山さやかのプリティぶり(*ノωノ)イヤンすごいです(*ノωノ)ラブリーでプリティです(;>ω磯山さやかプリティ高校時代】【情報:桃擬右士より】今現在の磯... [続きを読む]

受信: 2005年5月13日 (金) 19時10分

« 2大“黄金世代”(後日若干修正版) | トップページ | 今日は朝一で更新です・・・(帰宅後訂正版) »