« ようやく春本番! | トップページ | 今日ようやく、桜前線が日本列島縦断!!(一部加筆) »

2005年5月22日 (日)

北海道観光のちょっとした情報

これから北海道旅行を控える方々に少しでもお役に立てればと思い、今回私のブログで初めて「旅行ネタ」を書かせて頂きます。
テーマは「北海道のオススメ観光・グルメスポット」と「北海道の行ってガッカリする観光スポット」と「オススメの北海道みやげ」の3つ。
あくまで私の独断と偏見です。

◇◆北海道のオススメ観光・グルメスポット◆◇

★★★★★ 旭山動物園(旭川市)」+「旭川ラーメン村

◎このプランは超オススメ!!
まず、「行動展示」という動物本来の行動パターンを利用した奇抜なアイデアで、動物園という従来の退屈なイメージからアミューズメントパークへと変えた「旭山動物園」。
昨年の流行語大賞を受賞し、去年の7月と8月の入場者数が東京の上野動物園の入場者数を越えて日本一となった。絶対に行って損なし!!!
ぐずっている子供がいたら小一時間問い詰めたり、無理やり引きずってでもして連れて行かせるべきである。
これに加えて、最近旭川市内に出来た、地元・旭川ラーメンの名店を集めたテーマパーク「旭川ラーメン村」でついでに食事を取れば一石二鳥!!
もう言う事なしの組み合わせである。

★★★★☆ 「函館山の夜景」など「函館市内観光」+「松前公園」の桜見物

とにかく、世界3大夜景の「函館山の夜景」は大変美しいので是非一度は見たほうがイイ。
市内観光はハリストス正教会など歴史的な建築物が中心。函館は神戸や横浜と並び称されるほど異国情緒にすぐれた雰囲気のマチ。あとは見るべきスポットは五稜郭ぐらいか。
むしろ市内観光は後回しにして、まず7時ぐらいまでに早起きして函館朝市の「道南食堂(朝の5時から昼の1時まで営業)」で『いか刺し』や『うに丼』『いくら丼』などを食べよう。新鮮でかなりの美味。
後は今年の6月3日に「函館湯の川 ラーメンブギ」というラーメン数店が入ったテーマパークがオープン予定。もし行けるのなら試しに行ってみたらどうだろう。
ナムコと共同開発したテーマパークである。
函館市の近くにある松前町の「松前公園松前城)」に植えられている桜は只今満開。但し、もうすぐで散ってしまうので、出来ることならお早めに。函館観光とセットでお得感あり。

★★★★☆ 「札幌ら~めん共和国(札幌市)」

札幌駅のそばにある札幌エスタビル10階(ビックカメラなどが入っているビル)の中に作った、道内のラーメンの名店が集結したテーマ館。
北海道にあるラーメンのテーマパークでは一番マシな方だろう。昨年10月にオープン。
北海道各地の美味しいラーメンを手っ取り早く食べるならココ。交通の便やお手軽さは一番。お土産用のラーメンも売っているのでチェックが必要。
ちなみに、間違っても「元祖ラーメン横丁」「新ラーメン横丁」へ行ってはならない。あそこはいずれも×。

★★★★☆ 「小樽市内観光」+「小樽公園」で桜見物

小樽観光は、どうしても運河沿いの店での食事中心になりがち。ありきたりだけど、しいてあげるなら「オルゴール堂」と「北一硝子(ガラス)」。後は人力車で運河沿いを見物するぐらいか。
寿司屋は結構値段が高い店が多いので、学生さんにはオススメできないが、「伊勢鮨」と「握なか一」と「吉野鮨」はオススメ。後は…。
うに丼は小樽駅そばの三角市場の中にある「はやしや食堂」で。港へ出て日本海を眺めるのも良い。また、観光遊覧船に乗って小樽港周辺を海から眺めるのも良し。
かま栄」の『かまぼこ』は比較的安くて美味。デザートなら断然「アイスクリームパーラー美園」か「ルタオ」で食べるべし。「ルタオ」ではついでにお土産も買うといい。
ちなみに、ラーメンは「小樽運河食堂」の中に「ラーメン工房」があるが、全国のどこでもある店ばかりが入っているので、わざわざ小樽まで来てまで食べてもしょうがない。
よってお勧めできない。第一、北海道のラーメンがないのだから×である。出来るならば札幌か旭川でラーメンを食べたほうが良い。
小樽公園の桜は現在「7分咲き」。来週には満開を迎えるので来週から再来週にかけては桜見物を十分に楽しめる。観光のついでに桜が見られるという事で星がギリギリ4つ。

★★★★☆ 「札幌市清田区・平岡公園『梅林』」

公園内に多数植えられている紅梅と白梅の二種類の梅が満開になるのは来週の後半から。今年は開花が遅いので、これから観光する人にとってはとてもラッキーである。
札幌市が管理しているので入場料はタダ。梅の何とも言えない良い香りとゴージャスな花。豪華絢爛である。公園内にある売店で「梅アイスクリーム」もあり。
ただし、味は好みは人によって分かれるが(笑)それに第一、梅の花に全く興味がない人は行くと退屈になるだろう…それしかないから(爆)
やってくる人の大半は地元の人が中心で、観光客の人はあまり来ないので穴場スポットである。

本当なら、札幌市の郊外に立地しているため星3つ半だか、新・千歳空港方面からやって来るならば交通の便が割と良いので堂々の星4つである。

★★★★☆ 「藻琴山温泉『芝桜』」「滝上公園『芝桜』」「国泰寺及び子野日公園『チシマザクラ』『オオヤマザクラ』『エゾヤマザクラ』等」「苫小牧市・緑ヶ丘公園」の桜見物

道東地方の東藻琴村(ひがしもことむら)にある「藻琴山温泉」の『芝桜』と、同じく道東地方の滝上町(たきのうえちょう)にある「滝上公園」内の『芝桜は見る価値あり。
但し、札幌からかなり離れているので(JRと車で札幌から約5時間半かかる)、網走や知床など道東観光のついでに見るといいだろう。
『芝桜』は桜と名が付くが桜ではない。芝生に植えられている花のじゅうたんのような非常にキレイな景色である。来週から再来週にかけて絶好の見頃を迎える。

また、北海道以外では殆ど見られない『チシマザクラ』が見られるので有名なスポットが道東地方の厚岸町(あっけしちょう…釧路市の隣り)にある「国泰寺」と「子野日公園」。来週から再来週にかけて見頃を迎える。
今の時期に珍しい桜が満開で見られるのは非常にラッキーである。桜見物をしたい人は是非行くべし。
更に、手っ取り早くこれから満開を迎えそうな桜の見物をしたいなら、新・千歳空港にほど近い苫小牧市にある「緑ヶ丘公園」の桜見物も良い。現在咲き始めの段階。満開になるのは来週後半か。

★★★☆☆ 洞爺湖」「支笏湖」「屈斜路湖」「阿寒湖」「知床半島」「羊蹄山」「層雲峡や天人峡など、大雪山系の各景勝地」
北海道内で特に人気のある景勝地。北海道の大自然を楽しみたい人向け。自然に興味のない人はあまりオススメできない…退屈になるだけだから(笑)

ちなみに、「登別温泉」など道内で有名な温泉地は、温泉をゆっくりと楽しみたい人限定で星3つ~3つ半。

★★★☆☆ 「ノーザンホースパーク(苫小牧市)」

とにかく手っ取り早く馬に触れ合いたいのならここしかない!何てったって北海道の空の玄関口である新・千歳空港の直ぐ近くですから。
日本の競馬界のトップに君臨し続ける「社台グループ」が経営している。ここの社長はつねに長者番付の上位にいるぐらいお金持ち。
乗馬だけでなく他にも馬と身近に触れ合える体験プランが多くて、馬好きにはたまらないテーマパーク。

★★☆☆☆ 「札幌テレビ塔」及び「大通り公園周辺(札幌時計台は除く)」

何故オススメしたのかというと、公園内ある紫色の綺麗なライラックの花が来週末から見頃を迎えるから。ただそれだけ。テレビ塔は微妙だし、他は× 観光の見所なし。本当なら星は一つ。
しいてあげるなら、とうきびワゴンで売っている「焼きとうきび(とうもろこし)」を食べるぐらいか。
もしここで北海道みやげを買うなら、大通り公園周辺にあるアーケード商店街「狸小路」内に立地するみやげ店『屯田舎』と“激安の殿堂”『ドン・キホーテ』札幌店で買うべし。
あと、同じ「狸小路」内にあり、いつも並んでて食べるのは困難だが『三角山五右衛門ラーメン』は非常に美味。ラーメン奉行イチオシのラーメン店。

◇◆北海道の行ってガッカリする観光スポット◆◇

××××× 「元祖ラーメン横丁」及び「新ラーメン横丁」

札幌の繁華街「すすきの」にある元祖ラーメンのテーマパークだが、はっきりいって味は×である。せいぜいマシなのは「ひぐま」ぐらいか。
地元の人は殆ど食べず素通り、食べるのは何も事情を知らない観光客だけである。
出来れば絶対に行かない方が身のためである。「名物に旨いものなし」の典型。

××××  「札幌時計台

言わずと知れた「日本3大ガッカリ観光スポット」である。
何と言っても、ビルとビルの谷間に立地しているので、景観がまるでダメ。誰もが実際に目にしてガッカリする観光スポットである。
唯一、救いなのが、時報を知らせる美しい鐘の音と建物の美しさ。これで×5つをかろうじて逃れた。

×××   「定山渓温泉(札幌市)」

「札幌の奥座敷」といわれるぐらい歴史のある温泉街の一つだが、周りは山に囲まれて温泉以外にこれといったものは何もない。ホテルの宴会と温泉だけが目的なら話は別だけど。
宴会と温泉限定なら逆に星は2つぐらい。ゆっくりと温泉を楽しみたい人のみ限定。
札幌市内にあるが、札幌中心部から結構離れていて、交通の手段はバスとタクシー(乗用車)のみ。

××    札幌羊が丘展望台」

お馴染みクラーク像を手前にして、ぐるりと札幌市を一望する…といっても、最近手前に札幌ドームが出来たため、完全に一望とまではいかなくなった。
その名の通り羊が放牧されているため風景は悪くはないが、過大な期待もしない方が良い。写真と比べて実物は思ったほどでもないので。
地元の人はまず行かない観光スポット。尚、「羊が丘レストハウス」で食べる『ジンギスカン』の味は良くもないし悪くもないといった感じ。

×    「宗谷岬」

日本最北のマチ稚内市(わっかないし)にある岬。
日本最北端のちっぽけなモニュメントがあるぐらい。日本の一番北の地へ行きたいという理由の人以外はあまりオススメできない。

◆◇番外編◇◆…時間があるなら行った方が良いスポット。主に美味しいもの限定で旅行したい人向け。

大勢で『ジンギスカン』を食べるのなら、それこそ「サッポロビール園」「キリンビール園」「アサヒビール園」などへ行った方が良い。
地元の人も催し物を兼ねてよく利用するぐらいなので、味はまあまあ良い。何てったってビールが美味い訳だから、お酒好きには絶好のスポットといえる。
『ジンギスカン』に『ビール』の組み合わせは非常によく合う。『ジンギスカン』を個人で楽しみたい人は「さっぽろジンギスカン」「成吉思汗だるま」「めんよう亭」「開拓屋」などへ。
特に「めんよう亭」は新鮮な肩ロース生ラム(子羊の肉)の刺身も食べられる。

チョコレート好きなら、「白い恋人」で有名な石屋製菓が経営する自社工場兼テーマパークの「白い恋人パーク」がオススメ
中世ヨーロッパ風の外観をした建物は非常にオシャレ~!!工場見学をしたり、「チョコレートラウンジ」や「ソフトクリームハウス」で石屋製菓自慢のチョコレートやチョコレート味のソフトクリームを食べると良い。
ついでに、石屋製菓が最大のスポンサーとなっているサッカーJリーグ「コンサドーレ札幌」の練習場「白い恋人サッカー場」も併設されている。
サッカーの練習を見ながら食事が出来て、コンササポーターの溜まり場でもある「レストランおうるず」もあり。これはサッカー好きな人限定。

最近話題となっている新・札幌名物の『スープカレー』は、「札幌らっきょ」「マジックスパイス(スープカレー発祥の店。東京の下北沢にも支店アリ)」「Asian Spice」「ボングカリィ」「スープカリーのお店・キッチンスパイス」「札幌スープカレー PANAPANA」「Bem Bera Network Company」「SOUP CURRY SHOP MEDICINEMAN」「水谷流北海道スープカレー本家『きたぐに家』スリランカ狂我国店」など結構名店が中央区を中心としてたくさん存在する。
辛いものが大好き、もしくはカレーが大好きな人なら是非行くべし!!

◇◆オススメの北海道みやげ(お菓子限定)◆◇

★★★★★  フランス菓子・パリ16区『北海道カマンベールチーズケーキ』」

新千歳空港内の売店で売っている。外見はカマンベールチーズのようだが、食べると濃厚な味がするチーズケーキ。
チーズケーキ好きなら是非買うべし!!

★★★★★  石屋製菓『白い恋人』及び『雪だるまくんアイス』」

もう説明する必要がないだろう。「白い恋人」は誰もが知っている北海道のお菓子。
クッキーにチョコレートをサンドしたとても美味しいお菓子である。買って損なし。

ついでに同じ石屋製菓のアイスクリーム「雪だるまくんアイス」も良い。
可愛らしい雪だるまの形をした容器にアイスクリーム及びシャーベットが入っている。
赤い帽子にはトッピングチョコが入っていて、アイスクリームにかけて召し上がれ。
味の種類も豊富にそろっているのでとても良い。売店から直接クール便で自宅に送ると良いだろう。

★★★★★  「ロイズ『生チョコレート』」

最近の北海道みやげで人気急上昇中のお菓子。何と言っても口の中でとろけそうな柔らかいチョコレートで、味も絶品。
是非飼うべし! 生ものなので、クール便で売店から直接自宅に送ろう冷蔵庫で保存しても日持ちがしないのが難点。
買ったら直ぐ冷蔵庫に保存し、出来れば1日~2日で食べきること。

★★★★★  「ホリ『夕張メロンピュアゼリー』」

夕張メロンの果汁を上手く閉じ込めたゼリー。北海道みやげで1、2を争う人気のお菓子。
冷蔵庫で冷やして食べると絶品。メロンが大好きな人なら是非買おう!

★★★★★ 「わかさいも本舗『わかさいも』」

個人的に私が最もオススメするお菓子。“いも”と名乗っているのにいもは一切使われていなくて原材料は主に大福豆と小麦粉で作られている。
しかし、食べると焼きいものお菓子のようだ。ちなみに、このお菓子に入っている繊維状のものは昆布。
それだけ何とか本物の焼いもに近づけようと創意工夫した努力が垣間見える。非常にふしぎな感じである。
甘さもちょうど良くて飽きが来ない。
「洞爺湖」や「登別温泉」へ観光したら是非このお菓子を買おう。札幌では札幌駅前にある「札幌パセオ」のみ支店がある。

★★★★☆  「松竹屋『ねこのたまご』」

何とも可愛らしいネーミングのお菓子である。柔らかいお餅でクリームを包んだ新感覚の和菓子。
種類も20種類もある。
道東の釧路市にある本店や新・千歳空港内の売店、「ビックカメラ」や「札幌ら~めん共和国」もあるJR札幌駅そばの商業ビル「札幌ターミナルエスタ」の地下一階の売店などで売っている。
是非一度試しに食べてほしい。不思議な食感と味覚が楽しめるお菓子である。

※これ以外にも六花亭」「柳月」のお菓子の詰め合わせがあるが、それらは商品によってピンキリなので一応参考までに。ちなみに私は「柳月」の「三方六」が好きです。薪(まき)の形をしたバームクーヘン(輪切りにすると年輪のようになっている)でとっても美味しい。
他には、北海道の一部でしかとれない貴重な木の実『ハスカップで作ったジャムやゼリーやクッキーやジュースもあり。
ハスカップはブルーベリーのような甘酸っぱい味で、何度もテレビで紹介されるほど美容と健康にとてもよい食品。お金に余裕があるなら買ったほうが良い。

(あとがき)

本当はこれ以外にも、生もの系の食べ物や置物やご当地グッズなど、一般的にオススメなおみやげを書くべきですが、当たりハズレが大きいのであえて載せませんでした。
それに今回はやっつけ仕事で書いたので、入手した情報量が足りませんでした。すみません。
お役に立てれば幸いで御座います。

|

« ようやく春本番! | トップページ | 今日ようやく、桜前線が日本列島縦断!!(一部加筆) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/4234659

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道観光のちょっとした情報:

« ようやく春本番! | トップページ | 今日ようやく、桜前線が日本列島縦断!!(一部加筆) »