« 今日は朝方に更新します | トップページ | 心地よい春の陽気 »

2005年5月28日 (土)

眞鍋を学べ4

今回は17日以来久々の「眞鍋を学べ」シリーズです。今回は第4弾。
諸事情でコメントが遅れましたが、何とか次回更新前に間に合った模様。やれやれ。

眞鍋かをり眞鍋かをりのココだけの話』・・・24日(火)更新分。

“トラバの女王”眞鍋嬢、久々のブログ更新です。

しばらく更新をしていなかったのでどうしていたのかなぁと思っていたら、その間彼女はのんびりと日々を過ごしていたそう。別に前のように悩み苦しんでいた訳ではなかったので、私を含めいつも彼女のブログを楽しみにしている数多くの方々にとってはホッと一安心。

で、読み進めると今回も早速“眞鍋節”を披露。

・・・まず、先週彼女が待ち合わせの間“若者の街”渋谷でうろついていると、寂しそうにしている周りの若者達にかつての自分とを重ね合わせて同情を寄せたりする。
「みんなまとめて抱きしめてあげたいよね」と自身のありったけの包容力と、同時に「大丈夫だよ、ちょっとのキッカケで世界は変えられるよ。少しずつだけど。」と、
まるで優しくささやくようにその若者達に理解を寄せる。
現在彼女が余裕があって心が穏やかなゆえにそういう境地に達するのであろう。自身がいう「菩薩」のよう。
更に、オフの間だけでも、都会では難しい「スローライフ」を実行し、見事軌道に乗せている。もう、素晴らしいの一言。
以前、悩みもがき苦しんだ時期を糧にし、彼女は見事に人間性を向上させている。
だから今は素敵な友人が自然と彼女の周りに集まってくるのだろう。只今、眞鍋嬢は絶好調のようだ。
本当に良かった。心から祝福しますよ。
しかしそれでも再放送の「ルパン三世」は以前と変わらず見てる…ってオチは今回は無かったようだ(笑)
う~ん、そこだけは何か残念(爆)

しかしその後、早速やらかしてくれましたね。待ってましたよ!
気分転換のために部屋のカーテンを取り替えようと、「franc franc(フランフラン)」というインテリアの店でオーダー。
その際「幅が100メートルです」と、古典的なギャグのような間違いを犯し、
その店の店員に「100センチですよね」とやんわりと指摘を受け、その後一人で笑いをこらえて噴き出しそうになる。
流石、眞鍋嬢!!

彼女のブログを通して、包み込むような優しい一面や繊細で心配りができる一面を垣間見るにつけ、非常に好感が持ててとても良いのだけど、やはり彼女にはこういうオチがないと面白くない。最後の最後に持ってくるあたり、流石芸達者だ。
今回も“トラバの女王”の名に恥じない名文だった。

次回更新分もとても楽しみになりました。

※やや遅れましたが、今回もトラックバックしますよ。どうか宜しく。

|

« 今日は朝方に更新します | トップページ | 心地よい春の陽気 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

遅れ馳せながら、トラックバック有り難う御座います。

有り難く今後の参考にさせて頂きます。

投稿: とうきび | 2005年6月 3日 (金) 04時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/4310700

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋を学べ4:

» 土壁の風合い、耐震性は2倍 伏見の左官業者が壁パネルを製品化 [職人の朝市ブログ - imdavidさんのブログ - 職人の朝市へようこそ! 余った材料売ったり買ったり]
引用 [続きを読む]

受信: 2005年5月28日 (土) 16時08分

« 今日は朝方に更新します | トップページ | 心地よい春の陽気 »